静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

将棋界は14歳の新星、藤井聡太四段の活躍で大盛り上がりですが、藤井四段の強さの一つは「人工知能・AIの活用にある」とテレビで言っていたそうです。
中学生で人工知能・AIを使いこなすとはそれだけでもスゴイ。 

それで思い出したのが、昨年あるセミナーで聞いた話、
人間はなぜコンピュータに勝てないか」。

そのときは丁度、囲碁の世界でグーグル傘下のディープマインド社が開発した人工知能囲碁プログラム「アルファ碁」が、世界のトップ棋士を破ったばかりのときでした。

コンピュータはどうやって囲碁を学習するか。
それは人工知能(AI)のディープラーニングの手法を用いて、2台のコンピュータに囲碁を闘わせること。


d0255522_23483794.jpg

アルファ碁同士の対戦譜。ディープマインド社のホームページから。
(サイト主、碁は全然わかりませんので画像はテキトー)

ディープラーニング(深層学習)とは「システムがデータの特徴を学習して事象の認識や分類を行う『機会学習』の手法」。
2台のアルファ碁を搭載したコンピュータが対戦し、お互いに勝ったり負けたりしながら経験値を上げ、学習したことを蓄積してより強くなっていく。
例えば、負けた側は負けた手のデータを解析し学習し次の一戦では修正して今度は勝つ。
それをお互いに繰り返すわけです。

機械ですから演算能力が桁違いに高くて高速。
しかも人間と違って何時間碁の対戦をやっても疲れることがない。
24時間休むことなく何日間何週間も続けて対戦し、どんどん強くなります。
人間が何年もかかって経験を積んで強くなるところを、アルファ碁はあっというまに人間より強くなってしまうのです。
相手がこれでは、どんなに人間が奇策を弄して予想外の一手を出しても敵うわけないですね。

ところで、そのセミナーで(アルファ碁の例をもって)講師が話しかったこととは、
「これからは機械にできることは機械に任せて、人間はビジネスに集中すればいい」でした。

これからは人間がAIをいかに使ってビジネスに活かしていくかが大切、とのこと。

・・・そ、そっすね ( ̄ロ ̄lll)ノノ

日本はこれから国内人口が減少して一方なので、企業は活路を海外に求めて世界に出ていかなければならなくなります。
「英語ができなくてもスマホ片手にどんどん外国に出ていくべき。コミュニケーションはスマホの翻訳アプリにまかせればいいんですから」とは講師の話。
これからは翻訳ソフトもディープラーニングで精度が上がり、人間の通訳と同じくらいに使えるものができてくるから大丈夫、だそうです。

このセミナーを聞いてから、インターネットで英語の文章見てもちっとも読む気にならなくなってしまったサイト主でした。

まっ、いいか  (゜´Д`゜)゜



[PR]
by nyarcil | 2017-07-20 00:19 | My Favorite | Comments(6)