静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

西原理恵子の『ダーリンは71歳』


この連休で読んだ本がこれ、西原理恵子の『ダーリンは71歳』。



d0255522_23045985.jpg
イエー! U^ェ^U

前作『ダーリンは70歳』に続いて「やらせろ!」と高須院長に食らいつく肉食女子全開のりえクマ。

71歳と51歳の最強バカップルのスケールの大きなおバカ話。

院長がクリニックレーシングチームの優勝したクルマを見せたいためだけにりえクマをマカオに連れて行ったり、奇石を売る店でりえクマがあれこれ選んでいると、「ええい、ここの品物全部くれ!」と強制終了させる院長。会社のテレビ会議最中の院長に、映らないところで悪戯をしかけるりえクマ。

そんなおバカな話の合間にほろっとさせるエピソードがあって、それぞれ人生の荒波をくぐり抜けてきた熟年のふたりだからこそのセリフが泣かせるのです。

とくにこのページにジワッときてしまいました。

熱をだした院長を看病するりえクマが涙を流しているのをみて、院長が「どしたの?言ってごらん」。



d0255522_23043841.jpg


りえクマは、幼かった子どもが高熱を出したとき徹夜で必死で看病して、やっと容態が安定したと思ったら、アル中の元夫が入ってきて「お前の看病がなってないんだー」と、やっと眠りについた子どもを揺り起したことを思い出していたと。

りえクマ、「それが病気のせいで彼のせいではないと理解しても、元夫も(DVしたことを)ごめんねと言って死んでるのに、(自分も)全部許して忘れたはずなのに・・・」

「いまだに思い出す、なぜあの時あの人を
張り倒せなかったんだろうって、くやしくてくやしくて」。


院長は優しくさとすように、
「若い時はね、みんな、それは理不尽で醜い諍いをするのです、それは耕す時期だから。

今のあなたはね、あなたが耕した素晴らしい実りの畑の前に立っているんですよ」



d0255522_23052384.jpg



「何度も訪れた突然の嵐から、家族を守ったから」


d0255522_23054728.jpg



サイト主も人生ウン十年生きて、りえクマちゃんが昔を思い出して、頭で理解してもやりきれない気持ちがあって、それが突然湧き上がって「くやしい」の言葉で出てくるの、凄くよくわかります。


院長の、そんな嵐を乗り越えてこそ今のあなたがあって「あなたの人生の実りがある」という言葉は、りえクマちゃんを慰めながら「そんなあなただからこそ、好きなんだよ」と告白しているようでもあって、ジーンときます。 

(りえクマにさんざん「やわやかメンマ」と呼ばれながら、院長、度量が広いぜ!)


d0255522_23042574.jpg



サイト主もそろそろ人生の収穫の時期にさしかかっているのですが、自分はどうなんだろうか、とちょっとだけ考えてしまいました。 
今までちゃんと生きてこれたんだろうか、って。 
(`・ω・´)

仕事は、ふらつきながら何とか同じ会社でやり続けて(これは運もある)、次兄や父が亡くなった後の法的手続きから遺品整理まで一手に引き受けたし、母が脳梗塞で倒れてから亡くなるまでの間、母ができるだけ快適な状態で生きられるよう全力を尽くした。

愛犬ジュニアの面倒もちゃんと見てるし、ジュニアの散歩バディの相方シニアの面倒も見てる。
(お互い酔っぱらったら面倒みあってるし)
ヾ(^-^;) オイオイ

何より、何かを得ようとして嘘をついたことがない。 

人生の後半で真実に背くことをすると、それはその人の人生の収穫を台無しにしてしまう。

自分が正しく生きてきたと胸を張って言えるかどうか、が大切なのですね。






[PR]
Commented by nekotama at 2018-05-08 09:43 x
最後の4行ジーンときました。
私もとっくに実りの年齡なのに、いまだに耕さなければならないので、つらい!
ところで51才でおばあさんって・・・(まだまだ青いぜ)
Commented by nekotama at 2018-05-08 09:46 x
失礼!
51才はおばさんでした。
おばあさん年代なのにこのようにおっちょこちょい。
死んでもなおらない(笑)
Commented by nyarcil at 2018-05-08 11:04
nekotama様
早々のレス、ありがとうございます。
誰もが理不尽なこと、辛いこと、人との別れやらを乗り越えて、今のその人ができているんですよね。
nekotama様は若いですよ。でもね健康で身体が若いと他のひとが先にいっちゃったりして、それが辛いですよね。
年とって仕事リタイヤしたら一緒に遊びましょうね。
Commented by marucox0326 at 2018-05-08 16:43
こんにちわ。

西原さん、元夫で今は亡き鴨志田さん、高須院長
このお3方の関係性には奇妙な感動を覚えていました。
今はすっかり落ち着かれて穏やかな幸せを感じておられるご様子の理恵子さん、良かった。
「毎日かあさん」好きだったなあ。
勿論漫画の連載の方です。

Commented by nyarcil at 2018-05-08 18:06
marucox様
おお、連載を見ていたのですか。 
鴨志田さんのことはあまり知らなくて、映画の印象が強いです。
西原さんの漫画読むと、やっぱりお母さんやったひとって偉いなぁって思います。
生活の基本をがっちり押えながらも人間を客観的に見る目のあるお母さんって、本当にかなわないと思います。
(marucox様にもかないませんわ orz)
by nyarcil | 2018-05-07 23:34 | My Favorite | Comments(5)