静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夏の暑い日には、レースのカーテンのカビ落とし

< 追記です >    2015/8/18

カーテンのカビの原因となる、冬の結露対策で、このページを書いた後もいろいろ試しています。
検索してこのページを見に来られるかたに、以下のページもご覧いただきたく。
二重窓に替えたところ… (2015/8/14)
結露対策で、除湿乾燥機(2015/3/8)

*******************************************

暑くて良いことは、洗濯物がすぐ乾くこと。
夏休みなのにあまりの暑さに外出する気になれず、うちの中のものをあれこれ洗濯しまくったあげく、レースのカーテンもきれいにしました。

d0255522_23481866.jpg

これはカビ取りをして洗った後の結果。 部屋のレースのカーテン、買った時の状態に戻りました。

その前の状態はこれ。 冬の結露が原因の、カビがいっぱいです。
d0255522_2349785.jpg

この場所は特にひどいです。普段は遮光カーテンの下で、前に物を置いてカーテンを開けることもない場所なので。
他の部屋のカーテンで前に一度洗濯したとき、カビ汚れは全くとれず、半分諦めていました。

今回、インターネットで検索してみると、このカビを落とす方法が載ってました。 
「カビキラーを使って、レースカーテンのカビを落とす方法」

何でもすぐ試したくなるサイト主、やってみました。

まずはカーテンのフックを外して上部分を折りたたんで、浴室の床に裾の部分を広げます。
まずはシャワーで濡らします。
d0255522_23514430.jpg

カビキラーを用意して、ビニール手袋を装着します。
(サイト主、念のためスポーツ用ゴーグルも着けました)
気をつけなければならないことは、浴室の換気。
換気扇を回して、浴室のドアを開けて作業します。

d0255522_23522523.jpg

カビキラーをカビの部分に吹きかけます。 たっぷり浸みこませて、そのまま10分。

1回だけでもカビはかなり落ちていますが、それでもまだ、ところどころ(カビの)茶色部分が残ってます。
そこを中心に2回目のカビキラー噴射。 また10分くらい放置します。

カビキラー1本使い切った結果、カビはほぼ無くなってます。
d0255522_235673.jpg

シャワーで水をかけて、かるくすすいで、洗濯機で普通に洗濯します。

夏の強い日差しの下に干すと、レースのカーテンはすぐ乾きます。 
d0255522_23581635.jpg

カビは跡形もなく、真っ白です。
ここまできれいになると、気持ちも爽快。

この方法を最初に試して書き込んだ人はエライ!

ついでにいうと、浴室の床で、カーテンを広げていた場所もカビ取りされて、すっかりきれいになってました。

夏の日差しの強い日、わんこがお昼寝している間にやってみるといいですね。

それにしても、こういう仕事のあとって、なんで辛いラーメン食べに行きたくなるんだろうか。

d0255522_003739.jpg

あまり辛くなくてがっかりの、近所のタイ料理屋のトムヤンクンラーメンです。
[PR]
Commented by inumochi at 2013-08-18 09:16
夏の暑いときにレースのカーテンを洗って干すと、短時間だけですが、打ち水効果でスーと涼しくなるのが嬉しくないですか?(笑)
Commented by nyarcil at 2013-08-18 11:59
ああ、確かに。でもあっという間でしたね。今年の暑さはちょっと凄いですね。
Commented by nekotama at 2013-08-19 11:58 x
暑気払いに辛いラーメン、なぜか辛い物が食べたくなりますね。
Commented by nyarcil at 2013-08-19 13:17
nekotama様、辛くて美味しいラーメンってなかなかないですね。探してみて、いいところあったらアップしますね。
by nyarcil | 2013-08-17 00:07 | その他 Miscellaneous | Comments(4)