静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ときどき無性にフルーツサンドイッチが食べたくなるのですが、なかなか持ち帰りできるお店がない。四谷三丁目のフクナガでも、お店でたべるしかなかったです。

10月の三連休に、試しに自分で作ってみました。

d0255522_23241540.jpg

フルーツは、季節的にイチゴがなくて、色彩的に赤い色が欲しくてイチジクをいれました。
あとは柿、キウイ、パイナップル、みかん。
香りづけでブランデーをちょっぴりたらしたシロップに、前日からつけておきました。

味は、うーん、生クリームが甘い分、中の果物にはもっと酸っぱいものが必要だったかな。
特にみかんは、缶詰ものではなくて生のオレンジを、皮をむいて使えばよかった。

それでも初めてのフルーツサンドにしては、見た目の味も上出来。(と、いっておこう)
ヾ(^-^;)

d0255522_23243121.jpg

フルーツサンド、いただく前にユリの花と一緒に家族の遺影の前にお供えしました。
秋のお彼岸、過ぎちゃってましたが。






[PR]
by nyarcil | 2016-10-13 23:58 | グルメ Gourmet | Comments(6)


先日旅行先で買った「食用ほおずき」、食べてみました。

食用ほおずきは日本では別名、「オレンジ・チェリー」または「ストロベリー・トマト」と呼ばれているらしく、サイト主が買ったのものは「オレンジ・チェリー」のラベルがついていました。
これは物珍しさで買ったのですが、買った場所が福島県の三春ダム近くの地元農産物の店で、復興応援の気持ちもあって、他にもいろいろ買いました。

d0255522_15495659.jpeg


本当に、見た目がほおずきです。
ほおずき市で売っている観賞用のものは中の実は真っ赤で小さいですが、食用のこちらはオレンジ色で実が大きいです。

d0255522_15501638.jpg

外側のガク(殻)からはずしてしまうと、一見プチトマト。

d0255522_15503041.jpg


食べてみると・・・・・
(@・Д・@)??
美味しいんだけど、なんかなぁ・・・。

d0255522_15504657.jpg


たとえてみると、見た目と果肉の食感がプチトマトに近いので、トマトの味を想像していたら、味はプラムだった、というのが一番近いかも。
甘さが強くて、すっぱさや青臭さがなくて、本当に果物の味でした。

実はサイト主、子供の頃にほおずきの笛を作る方法を教えてもらい、ほおずきの実をほぐして中味を口で吸いだしたことがあって、そのときすごく苦い味だったので、最初齧ったときはびっくりしました。
「あれれ、全然苦くない! 甘い!」 Σ(゚д゚ )。

これって、子供の時のほおずき笛をならした経験の有無しでかなり印象が違うんだと思います。
(田舎育ちと都会育ち、の違いかも)

食用ほおずき、これからもっとお店に出てくるのではないかと思います。
フルーツとして普通に甘くて美味しいし、殻に入った状態だと見た目が変わっていて、日本的風情を演出する食卓の飾りとして使ってもいい。


そうだ、今度買う機会があったら、料理のサイドディッシュとして飾ってみよう。



[PR]
by nyarcil | 2016-10-01 16:12 | グルメ Gourmet | Comments(4)