静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧



野球のプレミア12、日本は結局3位で残念でした。

d0255522_23030619.jpg

すっかり過去の話になってしまいましたが、11月14日の日本対アメリカ戦を観戦しに台湾へ行ってきました

2泊3日の弾丸ツアーで、行く4日前にネットでチケット購入し、泊まるホテル(台北)に届けてもらうように手配しました。

台北に着いてホテルでチケットを受け取ったら、まずは試合球場のある桃園までの鉄道の切符を買いに台北駅へ。
ハイスピードレイルウェイ(HSR)、つまり日本の新幹線を導入して作った鉄道です。

d0255522_23044422.jpg

HSRの自動販売機で、言葉がよくわからないながらも問題なく往復の指定席の切符を買えました。簡単でした。

新幹線の車内も日本の新幹線とそっくりでしたが、違うのは駅の乗降口にある自動改札機。
こんな感じです。

d0255522_23045461.jpg

試合が行われる桃園の野球場に早めに到着。 
おかげで日本の先発ピッチャー、菅野が肩慣らしで遠投するのを見ることができました。

d0255522_23061510.jpg
これだけの距離を助走無しで投げて届くのは、さすがにピッチャー。

d0255522_23034477.jpg

こちらは、カメラの18倍ズームで撮影したそのときの菅野です。

サイト主たちの後ろの席にいた台湾の人たち、試合中に菅野が投げると「サンシン、サンシン!」と声を上げて、日本を応援していました。
(ありがとう!)

台湾の球場って、ペットボトルもビール缶も持ち込み可。
犬を抱いて観戦している人もいて、規制が緩くていいです。

試合はアメリカが先に点を入れて、2-1で追いかける状態で、5回にピッチャーを菅野から則本に交代しました。

d0255522_23041332.jpg

2番手ながら、則本も150キロを超える速球をばしばしなげて、アメリカ側は何もできず。
その後6回の日本の攻撃で、中田翔がスリーランを打って、5-2に逆転。

d0255522_23040037.jpg

d0255522_23042623.jpg

日本側応援席は大歓声!
地元日本人学校の子供たちが日の丸の旗をふって大喜びしてました。

帰りのHSRの時間があって最後までは見れませんでしたが、結局この試合、日本が10対2でアメリカに勝ちました。


話が変りますが、今回使用したデジタルカメラは、最近買ったCASIOの1600Z。 

d0255522_23184148.jpg

スポーツ観戦のために、バッテリーの持ちが長く、連写ができて、18倍ズーム機能のあるものを選びました。 (それ以外はスマホのカメラで充分です)

特に18倍ズーム機能が、遠くの選手の様子や電光掲示板の文字を見るのに、望遠鏡代わりになってよかったです。

スポーツを撮るためのデジカメとして、選んでよかったです。(^^)











[PR]
by nyarcil | 2015-11-29 23:43 | 台湾 Taiwan | Comments(0)

2015年11月の、中国の話題



以前当ブログで紹介した香港映画、『判事ディーと龍王 Young Detective Dee』でヒロインを演じたアンジェラ・ベイビー(美しい!)、最近これまたイケメン俳優で知られる黄暁明(ホアン・シャオミン)と結婚しました。

d0255522_00480927.png

天下に名だたる美男美女の結婚だということだけでなく、総額36億円を掛けた超豪華な結婚式で、一躍中国の人々の話題の的になりました。 
(あまりの豪華さに中国共産党が苦言をたれたほど・・・)
ちなみにアンジェラが身に着けているジュエリーは全部フランスの高級ブランド、ショーメのもの。ゴージャスです。

さてサイト主が参加している中国語クラス、初版が1983年という古いテキストを教科書として使っています。 当然スキットの内容が、ときどきすごく古い。 

今回のスキットが「友人の結婚式」について。
新郎新婦ともに服装は普段着のまま(男性は人民服)、お祝いの膳もなく、仲間が集まって新郎新婦に歌を唄わせる、というもの。 

d0255522_00533542.jpg
(これがテキストに載っていた写真。うーん、古い)

中国語の先生(北京郊外出身の1児の母)、このスキットにはちょっと納得いかなくて、
「これは昔の話で、今の中国とは全然違います!」 (`・ω・´)キリッ

いつも生真面目にテキストに沿った授業をする先生も、こんなときは教える意欲がぐっと落ちてしまうもの。
サイト主はそんな先生に、これ幸いと授業内容とは全然関係ないことを聞きまくり。

「日本で中国人観光客の『爆買』が話題になってますが、『爆買』を中国語で何というのですか?」
先生:「その言葉が日本から伝わって、中国人も同じように使うようになりました。そのまま『爆買(バオマイ)』と言います」。

「爆買」が買い手の行動をさす言葉なら、売り手側が「今これが売れてますよ」と訴えたいときの言葉が、「爆款(バオクァン)」。
中国のネットショップで、「爆款」と書かれている商品は、ホットな人気商品だということです。

d0255522_00492747.jpg

写真の「淘宝(タオバオ)」は、中国最大のネットショッピングモールです。

中国人の買い物の特徴をあげると、中国人はお徳感があるものが大好き。
中国のお店でよく使われる言葉は、
 「買三贈一(マイサン ジェンイー)」:
  3個買うと1個オマケにつけてくれる、ということ。

先生いわく「日本でもそういう売り方したら、もっと中国人にたくさん売れるのに」。
・・・・メモメモ φ(.. ) 


d0255522_00494594.jpg

中国人はキャラクターがついているものが大好き。
最近は特に、くまモンのキャラが付いているものが人気で、良く売れるそうです。

語学のクラスって、その国の人の考え方や習慣についてのリアルな情報を得られるいいチャンス。
サイト主は勉強そっちのけでテキストと関係ない、そんな質問ばかりしてます。

語学力よりもいかにその国の生の情報を得るか。 
そうして得た機微な情報が、いつか仕事で活かせたら、と思っているのです。




[PR]
by nyarcil | 2015-11-13 01:33 | 海外の話 Intercultural | Comments(4)

仕事で行った先で見かけたポスターの漢字を見て、
ふと葡萄ジュースが飲みたくなってしまいました。

d0255522_22045582.jpg

(どういう発想しているのか ('~`;)オイオイ )

ぶどうジュースでもグレープジュースでもなく、本物の「葡萄」ジュース。

サイト主、さっそく種無しの巨峰を、一房買ってきました。

d0255522_22042891.jpg


洗って冷蔵庫で冷やして10粒くらいとって、ハンディブレンダーで皮ごとジュースにしました。

ちょっぴり贅沢している感じ。 ( ´艸`) 

d0255522_22043902.jpg

それで出来たジュースがこれ。
あれれ、思っていたような濃い色ではないんですね。

考えてみると、葡萄の皮は確かに濃い赤紫色でも、中の身は半透明な白っぽい色。
自然の色ってこんなものですね。

味も自然な甘さで美味しかったです。




[PR]
by nyarcil | 2015-11-02 22:16 | グルメ Gourmet | Comments(4)