静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


20年ぶりくらいに、「焼津さかなセンター」に行ってきました。

ここは昔からあって、場所が東名焼津インター出口のそばで、昔は「東名で観光バスでやってくるツアー客のための場所」という印象で、ジモティはあまり行かない場所でした。

20年ぶりに行ってみると、今や地元の人間も楽しめる「さかなのテーマパーク」に生まれ変わっていたのに驚きました。

d0255522_09291402.jpg

今は高速道路のパーキングエリアでもマグロの解体ショーでお客さんを呼ぶ時代。 
工夫のない見せ方では他の観光地にお客さんをとられてしまうという危機感が、ここを楽しめる場所に変えたのでしょう。

d0255522_09293796.jpg

鮮魚売り場の隣で、寿司や刺身を少しずつでもその場で注文して食べられるお店が何件もありました。

ランチには早い時間だったのですが、それでも「大トロが食べたい」となってお願いしました。
大トロ2コで1000円。(お寿司屋さんに行ってたべるとこの値段じゃ無理)

d0255522_09295033.jpg

他にウニ、ズワイガニ、赤身のづけもお願いしました。
自分が食べたいものだけを選んで、少しずつでも食べられるのはいいです。

d0255522_09300556.jpg
ファーストフードも、マグロの竜田揚げだのマグロのメンチフライだの魚中心。
はんぺんのフライといえば、このあたりでは黒はんぺんのフライです。白いはんぺんはありません。

d0255522_09354043.jpg
鰹節を粉にしたものがあったので買いました。 
あらかじめ別にだしをとる必要がなく、お鍋に材料といっしょに粉のままいれて煮物が作れて便利。
これなかなか東京では売ってないです。

d0255522_09302402.jpeg
休憩スペースには壁に3Dアートが並べられていて、面白い記念写真が撮れます。

d0255522_09301527.jpg

また来よう!っと。



[PR]
by nyarcil | 2015-09-23 10:03 | 藤枝焼津情報 Local | Comments(5)

本題と関係ないですが、「ポッキーパンダ <クッキー&クリーム>」
とびだすぬりえ付き。

d0255522_21495437.jpg
パッケージ裏の絵に色を塗って、スマホでアプリをダウンロード。 
サイト主、パンダを黄色ときみどり色のマーカーでぬりました。

d0255522_21500719.jpg
アプリを立ち上げて、色を塗ったパンダをスマートフォンのカメラで読み込むと、メロディが流れてパンダが3Dで踊りだす。 

d0255522_21501665.jpg

d0255522_21502597.jpg
これ、なかなかかわゆい。
小さい子はこういうの好きにちがいない。

さて、今回のブログの本題はこちら:
「パンダは、『熊のような猫』か『猫のような熊』か?」

パンダは中国語で「熊猫」。(発音は、ションマオー)
これは「熊のような猫」という意味ですが、実はもともとは「猫熊」、つまり「猫のような熊」と呼ばれていたのではないかと言われています。 
(確かにパンダの姿かたちは、どちらかというと熊に近い)

で、なぜパンダの呼び名が、猫熊から熊猫に変わってしまったか。
これは中国語の横書きの読み方が、昔の「←」(右から左へ)読むのが、「→」(左から右へ)の読み方に変わってしまったことからなのだそうです。

確かに日本でも、昔の横書きの書は右から左が普通でしたね。これみたいに。
ジャイアントパンダが中国で一般に公開された1950年代。
そのときに誰かがプレートに横書きで「→」の方向で読むつもりで「猫熊」と書いたのを、旧来の「←」の読み方で読んで、そこから「熊猫」という名前が定着してしまったのだそうな。

1950年代といえば、第二次世界大戦が終わって、社会主義の中華人民共和国ができて、社会全体が慌しく変わっていた時代。
政府は自国の言語についても、広い領土のなかで共通に通じる言語のルールを定め、新たに簡体字を作ったりピンインを決めたり、左から右に読む横書きに変えるなど、ドラスティックな改革を行いました。
パンダの「熊猫」って、そんな時代のちょっとした手違いから定着してしまった呼び名だということです。

ところで関係ないですが、サイト主、この話から昔カフェの隣にいたカップルの会話を思い出しました。

サイト主がひとりでランチをとっていたところ、隣のテーブルに若い男女のカップルがいて、話題がなぜか動物園のパンダの話になりました。
女の子:「パンダって『熊猫(クマネコ)』っていうだけあって、目がネコと一緒なんだね。ネコ目って書いてあったよ」
それを聞いた男の子、「へえー」と感心して、でもすぐ気がついて、
「ねえそれ、”ネコメ”じゃなくて、”ネコモク”って読むんじゃない?」

(思わずコーヒーを吹き出しそうになったサイト主でした)
ヽ(`*´;)ノ

生物分類でのネコ目(ネコモク)とは、肉を裂くための歯を1対もつグループのこと、別名食肉目。
ジャイアントパンダは草食なのに、このグループに分類されます。
ちなみに犬も、ネコ目だそうです。

d0255522_21511321.jpg
(ぼくの目はネコじゃないから)






[PR]
by nyarcil | 2015-09-03 22:34 | 海外の話 Intercultural | Comments(5)