静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


江東区住吉に「いつ見ても行列できているラーメン屋がある」と聞いて、行ってきました。

場所は都営新宿線住吉駅から2分、JR錦糸町駅からは四ツ目通りを南に、8分ほど歩いたところ。


d0255522_12252431.jpg


午後2時半過ぎで、もう誰も並んでいないだろうと思っていったら、9人が並んでました。
(昼は3時まで)

d0255522_11551380.jpg

この店で誰もが一度は頼むのが、「つけ麺とカレ変ライス」のセット。 

お店の人に教えられて、並んでいる間に食券を買いました。
(流行っている店なのに、お店の人は腰が低くて感じいいです)

d0255522_11551917.jpg

席につくと最初につけ麺が出されました。
太目の麺と、魚介と肉の濃厚なスープでした。

麺を食べ終わったら、お店の人に声をかけて、カレ変ライスのチケットを渡します。
お店の人は、つけ麺の残りのスープをキッチンへ持って行って、スープに何か加えて熱して、ライスと一緒にもう一度お客さんに出します。


d0255522_12291826.jpg


つけ麺スープは、カレーのルーか粉が加えられて、濃厚でスパイシーなカレースープになっていました。 カレー味のスープにご飯を入れていただきます。

味は、カレーがスパイシーで濃厚なだしと合わさって、おいしい!  
(  ゜ ▽ ゜ ;)
あっというまに完食してしまいました。

隣の若者二人組もこれを一口食べて、顔を見合わせて「おいしい!」と言ってました。

さて問題はその後。
口の中にずっとスパイスの味が残って、帰る途中で猛烈に甘い物が欲しくなりました。
結局アイスクリームを買って食べて、やっと落ち着きました。

そんなわけで「もういいかな」と思ったのですが、ブログに載せるため改めて、つけ麺とカレ変ライスの写真を見ていると、無性にまたあのスパイシーなカレーが食べたくなってしまっていて・・・
これ、癖になる味です!
そうか、それでみんな行列してまで食べに行くんだ。

今度行くときは、近くに美味しい下町スイートがないか、チェックして行こうっと。

ヾ('~`;)オイ、カロリーカロリー





[PR]
by nyarcil | 2015-05-23 12:39 | グルメ Gourmet | Comments(2)

d0255522_21553184.jpg


丸善&ジュンク堂ネットストアで本を注文すると、こんな梱包で送られてきます。


d0255522_21553704.jpg

本はビニールでラッピングされて、この中に入ってました。


d0255522_21554371.jpg

本をはずしてみると、梱包のダンボールそのものはこんな感じ。

d0255522_21555596.jpg

これを広げてみると・・・

d0255522_21560156.jpg


d0255522_21552496.jpg

なんと、梱包はたった1枚のダンボールの板で出来てました!

d0255522_21551372.jpg

ダンボールに切れ目を入れて、折っただけ。
接着剤もホッチキスの針も使わず、本とぴったりのサイズにして送ってくるなんて、この梱包はクール! 
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

受け取る側としては、ダンボール箱を分解して捨てる手間がなく、楽です。 
宅配業者の方にとっても無駄なスペースをとられずに、効率よく運べます。

前にも書きましたが、amazonなんてときどき、現物よりも空気を送ってるんじゃないかと思うくらい無意味に大きい箱に入れて送ってくるときがあって、それに比べるとずっとエコ。

以前はamazonで本を買っていたのが何故こちらに変わったかというと、あるとき買おうと思った本がamazonで「品切れ・注文不可」になっていて、試しに丸善ジュンク堂のネットストアで発注してみると、すぐに送られてきたことから。

やっぱり実書店を持っているところは、こういうときに強い。
出版元にはもうない本でも、どこかの店舗の棚の奥から探し出してきたのでしょう。

店員さんがひっぱりだして、本の埃を払っている姿を想像してしまいましたよ。
 \_( ._.)パタパタ
(もう少しでamazonで、定価より高い価格で出品者から買ってしまうところでした)

サイト主、本は丸善ジュンク堂で、DVDや他のものはamazonで、と使い分けています。

ただし丸善ジュンク堂のネットストア、和書だけで洋書を扱ってないのはちょっぴり残念。
(´д`)

その昔梶井基次郎の『檸檬』の舞台にもなり、日本人の知を支えてきたともいえる丸善書店。

日本人がかつて、欧米の知識を吸収しようとむさぼるように洋書を読んだ時代、先進の文化を求めて知識人の集まる場所だったこの書店で、「もはや洋書を注文できない」ということに一抹の寂しさを感じるのは、サイト主だけかしらん。





[PR]
by nyarcil | 2015-05-18 22:16 | My Favorite | Comments(6)

連休が終わって、なかなか仕事のエンジンがかかりませんねえ。

今年の連休の下町風景など。

d0255522_14233568.jpg

ジュニアの向こうに小さく見えるのは、東京スカイツリーです。

今年の連休はだいたい天気に恵まれて、暑くもなく寒くもない、さわやかな風が吹く気持ちの良い日が続きました。

d0255522_14234739.jpg

下町の路地にあったお花。カラフルでつい写真をとってしまいました。
夕方でちょっとピンぼけ。 (^-^;)

d0255522_14240186.jpg

川沿いの道の脇に、スズランらしきお花も咲いていました。

d0255522_14245514.jpg
散歩のジュニアのよっこらしょ。
ゞ(^ ^;) マアマア  


d0255522_14250223.jpg
この時期、桜並木の下は桜の花のがくがいっぱい落ちていて、犬のあんよはすぐこんな感じになります。


散歩の途中、公園のベンチでジュニアの足の毛についた花ガクをとっていると、
となりのベンチの若いお母さんと子どもたちの声が聞こえました。

男の子: 「お母さん、昨日おばあちゃんとお風呂屋さんに行ったんだ」
お母さん:「昨日(5月5日)は、子どもはタダだったよね」
男の子: 「うん、それでお風呂には、ながーいネギがたくさんあってね・・・」

サイト主、ここで「ん?」と顔をあげて、お母さんをみてしまった。
お母さん、にこにこしながら「ああそうだったの~」。 (^-^)

お母さん、そこは、「それはネギじゃなくて、『菖蒲』っていうんだよ」って言わなくちゃ!
o(゚◇゚;)
・・・・と、心の中で言っていたサイト主でした。


d0255522_14345088.jpg

まあ、のどかな初夏の日でした。





[PR]
by nyarcil | 2015-05-09 14:56 | 東京ローカル Tokyo Info | Comments(4)