静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


先日山梨県に旅行に行って以来、お気に入りのブランド、「印傳屋・上原勇七 」


d0255522_23593533.jpg

甲府駅の近くに本店兼博物館があって、そこで買ったのがこれ。
印鑑入れ、1400円(プラス消費税)。

印傳屋とは、甲府に長く伝わる伝統工芸(創業1582年)で、鹿革に漆を使って模様をいれた革製品を今も作り続けています。
柄は昔ながらの伝統的な和柄が中心で、江戸時代の日本人の「粋」を感じさせます。

相方シニアはその昔、社会人になったお祝いにおばあさんからここの印鑑入れを貰ったそうです。


d0255522_23595967.jpg

東京では青山に、印傳屋の支店があります。 

d0255522_23594334.jpg

印傳屋には和柄のもののほかに、現代風のモダンなデザインのものもあります。
「リプレアル」というシリーズのバッグで、細部も丁寧に作られてます。

悩んだ末に、仕事に使える書類も入るこのバッグを買ってしまいました。
(´д`;)ゞ アハハ

もともとサイト主、あまりブランドものに興味なくて、ブランド物のバッグなんて海外の免税店で買うくらい。
歳をとるとなおさら見栄をはる気がうせて、最近は機能性と軽さ重視で、海外の無名ブランドのものばかり愛用してます。
それでも改まった席にでるときのために、こんなバッグがあっていいかも。
ヾ(^-^;) ダヨネ

印傳屋のバッグなら、外国の人に「どこのブランド?」と聞かれたとき、「日本の伝統工芸の職人さんが作ったの」と胸を張って答えられます。 
まるで和風総本舗。イイネ!

d0255522_00000687.jpg

ついつい、きれいな柄を見ているうちに、お財布も買ってしまいました。
(上の柄のではないですけど)

d0255522_23595360.jpg

印鑑入れの他に、巾着袋や小銭入れ、カード入れとかいろいろあります。

先日会社の同僚(男性)が異動することになって、送別でここの印鑑入れを贈りました。 
ひょうたん柄を選んで、「ひょうたんからコマ、っていうし縁起いいですよ」と言って贈ったところ、とても喜ばれました。

気軽なプレゼントとして縁起物としても、印鑑入れ、お奨めです。

日本の伝統工芸っていいなぁ、と思う今日この頃です。




[PR]
by nyarcil | 2014-10-31 00:44 | My Favorite | Comments(7)

秋になって、下町の江東区森下に散歩に行きました。

都営新宿線の森下駅から、深川資料館通りや高橋のらくろーど(田河水泡の「のらくろ」に逢える商店街)に向かって歩いていく途中は、下町風情のお店が並ぶ昔ながらの商店街です。

d0255522_21444123.jpg

森下駅の近くのかき氷のお店。秋めいてきたのに、週末はお客さんがいっぱいです。
d0255522_21450086.jpg

かき氷、100円です。 

次に行ったのが、元祖カレーパンで有名なパン屋「カトレア」。
d0255522_21454222.jpg

出来立てのカレーパン、辛さがほどほどで、美味しかったです。
d0255522_21455568.jpg

お団子の「伊勢屋」さん。 
みたらし団子とあん団子、1本105円でした。(安い!)
d0255522_21451620.jpg

ショーケースを見ていたら、店番のおじいさんが顔をだして、対応してくれました。
昔ながらの素朴な甘さで、いいなぁ。
d0255522_21452983.jpg

通りかかった大衆酒場「魚三」の前では土曜日の夕方だというのに、オジサンたちが何人も店の前で店が開くのを待ってました。 ここは安くてディープで有名なお店らしいです。

d0255522_21461430.jpg

今度相方シニアを連れて、飲みにこようっと。

商店街には、犬用グッズをたくさん置いている雑貨屋さんもあって、ついミニシュナのマグカップを買ってしまいました。

d0255522_21472269.jpg

何となく、ジュニアに似ています。
可愛いなぁ。
U^ェ^U






[PR]
by nyarcil | 2014-10-13 22:02 | 東京ローカル Tokyo Info | Comments(4)