静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


甲府行きの梓に乗る前に、新宿駅のプラットフォームの売店でお弁当と一緒に買った、
冷凍蜜柑「むかん」。

d0255522_21393220.jpg

”皮をむかんでいいみかん、「むかん」です”、とあるように、みかんはきれいに皮をむかれ、個別包装されて、冷凍されています。 買ったときはカチンカチン。

d0255522_21575352.jpg



30分くらい常温において、シャーベット状になったときが食べ頃です。
電車に乗って駅弁をいただいて、一段楽した頃に食べるのが丁度いいです。

みかんそのものの自然な甘さで、冷たくてシャリシャリで美味しい。
夏の旅行にぴったりです。

d0255522_21395977.jpg

皮をむかなくてすむので、手が汚れないしゴミがでない。 
このアイデア、いいなあ。

製造元は九州にある会社です。 福岡県みやま市の八ちゃん堂。

新幹線に乗ることを考えて、夏の旅行の前に東京駅でこれを置いているお店をチェックしておこう。




[PR]
by nyarcil | 2014-07-23 21:44 | グルメ Gourmet | Comments(4)

犬バカふたりで行ってきました。

山梨県の昇仙峡からクルマで10分くらい上がったところ。
御嶽山、金桜神社。(かなざくらじんじゃ、です)
ジュニアは今回もまたお泊りのトリミング。

d0255522_00153802.jpg

何故ここかというと、ここには日本にも珍しい犬の御札があると聞いて。 

d0255522_00270165.jpg

黒虎毛犬の御札で、盗難除け、火災除けの御札だそうです。

もう一つの目的はインターネットで見たこのワンコに会いたくて。
十代続く血統の柴犬「恵黒龍宝号」、通称「モック」。(木曜日に来たからだそうです)

d0255522_00162528.jpg
神社に行ってみると、残念ながらもうこの犬はいませんでした。
(この写真は2012年8月の北杜市観光協会のホームページからいただいてきました)

犬の姿が無いので、御札やお守りを売っているところの小母さんにきいてみました。

なんでも飼い主だった宮司さんが亡くなられて、宮司さんが代わって、この柴犬は前の宮司さんのご家族と一緒に他のところに移ったそうです。 
会えなくて残念。でもワンコは今も元気なようで、それはそれでよかったです。

「犬の御札ありますか?」と聞いてみると、
小母さんは奥から犬の御札を出してきてくれました。
でも「いくらなのかわからない」とのこと、そこの他の御札と同じ千円をお渡ししてきました。

インターネットで見た昔の宮司さんの直筆の貼り紙には、由緒正しい名犬だという説明と一緒に「何卒可愛がって下さい」と書いてあって、宮司さんがとてもこの柴犬を可愛がっていたのがわかります。

とても人懐こい犬で、参拝する人が近寄ると、尻尾を振って愛嬌を振りまいていたそうです。

d0255522_00165994.jpg
今の金桜神社は、新しい宮司さんがそんな犬好き参拝者に辟易したのか、神社に向かう鳥居の左後ろに「ペット立ち入り禁止」の看板があります。 
もともとは由緒正しい甲州武田家の祈祷所だったそうで、本来の神社の姿に戻っただけなのかもしれませんが、犬に会いたくて遠くからくる人には残念。

今回いただいた犬の御札は、もしかして最後の何枚かの一枚だったのかもしれません。
ジュニアも守っていただけたらと思います。 
大切にしよう。




[PR]
by nyarcil | 2014-07-16 00:36 | 国内旅行 Domestic trip | Comments(8)

20年くらい前に静岡県の大井川の上流、川根町に美味しいお茶羊羹を作っている店があると聞いて、買いにいったことがあります。 
実家からクルマで山道を1時間以上走って、やっとお店を見つけて買ってきたのですが、食べてみるとそれほど感じるものがなくて、そのまま忘れてしまってました。

今回たまたま藤枝駅の売店で売っているのを見つけて、買って帰ってきました。

d0255522_23270098.jpg

三浦製菓の『お茶羊羹』。(昔買いに行ったときは、『玉露羊羹』という名前でした)
5個入りで600円(税抜)。

インターネットでこの製造元を見ると、昔は山の中の小さいお店1軒だけだったのが、支店を出したり商品ラインナップを増やしたり、結構メジャーになっているようです。

さて、サイト主が以前から疑問に思っていること。
そもそも、お茶を使った羊羹にはどんな飲み物を合わせたらいいのか。

d0255522_23254703.jpg


昔このお茶羊羹をいただいてピンとこなかったのは、お茶をいれてそれと一緒にお茶羊羹をいただくと、飲み物のお茶とお茶羊羹のお茶の味が重なって、羊羹の味がよくわからなくなってしまったから。 
┐('~`;)┌

それで今回はいろいろな飲み物で試してみました。

d0255522_23260517.jpg

お茶羊羹そのものはどうかというと、お茶の味が濃くて、甘味は控えめ。
筒状で下から指で押すと簡単にお皿に出せます。1個が約30グラムと小さく、筒から出してそのまま一口で食べられてしまうくらい。
食べやすいですが、甘いもの好きにはちょっと物足りないかも。

d0255522_23255859.jpg

コーヒー、中国茶、冷たい麦茶、冷たい緑茶(今回はペットボトルの「綾鷹」)で試してみました。
(最初、上の写真のようにお茶羊羹にアイスクリームとあずきを添えましたが、これは失敗。
そもそも羊羹にアイスクリームは合いません)

d0255522_23261165.jpg


結果はいずれもダメダメ。
コーヒーも、麦茶も、中国茶も、ペットボトルのお茶も、それぞれの苦みや渋みがあって、羊羹の味を引き立たせるにはいきません。ちょっと無理があります。

水でいただくか、もしくは飲み物なしで羊羹を一口で食べてしまうのが良いのかと思いました。

今回試さなかったハーブティーとか薄いジャスミンティーとか、薄めの、主張の弱い飲み物なら何とかなるかも。
(でも今回、これ以上羊羹食べられません)

お茶羊羹は、どんな飲み物と一緒に食べたらよいか。
意外に難しい・・・。

/(´ヘ`;)





[PR]
by nyarcil | 2014-07-07 00:06 | グルメ Gourmet | Comments(6)