静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


よく生垣で見かける木で、なんという名前なのかずっと気になっていたのを、相方シニアが調べてくれました。

d0255522_23580441.jpg

ベニカナメモチ、別名レッド・ロビン、だそうです。
現在、生垣で最も使われている樹木だそうです。

d0255522_23522031.jpg

特徴としては、春の新芽(葉)が赤く美しい、育てやすい、刈り込みに強い、等々。
確かに、燃え上がるような赤い色の葉っぱが、特に春になると見られます。

実家の庭にもこの木があって、タクシーで近くまで行くと、「あの赤い木のところ」と指示します。
それが季節によって葉っぱは普通の緑色になってしまって、タクシーで指示するとき、ちょっと困ってしまうのです。 

普通の木ですが、名前を知ってちょっと親しみがわいてきました。

なんでもない樹木の名前を調べるのって、案外難しいものなのですね。


[PR]
by nyarcil | 2014-04-24 23:54 | My Favorite | Comments(4)

最近台北に旅行に行った友人からのお土産です。
d0255522_09245221.jpg
台中で有名なお菓子、「太陽餅」。

新光三越で、この太陽餅がたくさん並べて売られていたそうです。 その理由はこれ
台湾で、「今一番、話題性の高いお菓子」というわけです。
(このブログみてくれていた友人に感謝!)

d0255522_09363287.jpg

この太陽餅、外側の皮は小麦粉を薄く何層にも重ねて焼かれていて、中には、麦芽糖や蜂蜜、練乳でつくったあんが薄く入ってます。 さくさくの皮ともちっとしたあんで、美味しかったです。

外側の皮がそれほど脂っこくなくて、あんの甘さもしつこくない。 日本人には食べやすい味です。 

d0255522_09250120.jpg
このお菓子、食べる時に気をつけないと、ひとくち齧るたびに外側の皮がぼろぼろ落ちてきて、そこらへんに飛び散ります。食べる前に下に何かを敷いておくとか、袋にいれたまま食べるとか注意が必要です。

ところで、このお土産をくれた友人、滞在したホテルが学生たちに占拠された行政院の近くだったため、デモがあった日の夜は外出できなくて、ホテルで夕食となってしまったとか。

デモそのものは整然としていて、街のひとも協力的で食べるものを差し入れしたり、泊まったホテルなど学生たちにトイレを貸していたりしていたそうです。 
雨が降った翌日に、道路一面に学生たちが干した寝袋が銀色に光っていて、印象的な光景だったそうです。

デモと離れたところは普通に観光も買い物もできたけど、夜あまり遊びにいけなくて、ちょっと残念。
「歴史的な出来事を見られたといえば見られたけどね」、とのことでした。




[PR]
by nyarcil | 2014-04-12 10:00 | 台湾 Taiwan | Comments(2)