静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0255522_18113284.jpg

「たとえ負けても、翌日は、エイプリルフールだ」って、ちょっと意味不明。
蒲郡ボートの中吊り広告@JR 東海のローカル線、でした。
[PR]
by nyarcil | 2013-03-30 18:09 | 藤枝焼津情報 Local | Comments(2)
自動食器洗い機なんて今や多くのひとが使っていて、珍しくもなんともないものだけど、それでも時々知り合いから「食洗機って、本当に汚れ落ちるの?」、と聞かれることがある。

それで、食洗機で洗う前と洗った後との簡単な検証。

食洗機は2011年のパナソニック製。
d0255522_1254284.jpg


朝食のパンにバターを塗るのに使ったバターナイフを、そのままの状態で食洗機におきます。
d0255522_1314893.jpg


「標準」モードでスイッチオン。
約2時間後、洗い終わった状態がこれ。
d0255522_12545698.jpg

洗い立てはまだ水滴がついていますが、そのまま10分くらいおいておけば、庫内に残っている熱気で自然に乾きます。
バターの油汚れは全く残ってません。

むりやりブリーチーズを切って、チーズがべとべと残ったバターナイフでも試してみた。
d0255522_13143399.jpg

だめもとでやったのに、これも上の写真と同じようにピカピカになってしまいました。

あらら、こんなに何でもきれいになるんだ!と、ちょっと驚いてしまいました。

この後焦げ付きの残ったグラタン皿とかもそのまま入れてみたけど、きれいになっていた。

正直サイト主も汚れたフライパンなどは、食器洗い用の刷毛で軽く汚れを落としてから、食洗機にいれてましたが、もうこれからは何でもそのまま食洗機につっこんじゃおう!
V(^0^)

(ご飯茶碗は、やっぱりしばらく水に漬けてからでないとダメですよ)
d0255522_12564914.jpg


今の食洗機はかなり優秀になっていて、スイッチを入れると、最初に高温のミストが出て、それがお皿の汚れをふやかして落ちやすくしてから、洗いに入る。 このミストの効果が高いのだと思う。
まな板や包丁の場合、熱湯消毒にもなる。

ジュニアがなめたお皿も熱湯消毒。
(こらっ!相方、自分の皿から食べ物あげるんじゃないよ)

手で洗いたくないものは確実に食洗機におまかせ。
大根をおろした後のおろし金とか、湯気と油汚れでギトギトになったフライパンの蓋とか。

食洗機を使う前と、頻繁に(といっても週2、3回)使うようになった後とで、ガス代・水道料金もそれほど多くなった感じはないです。

サイト主が食洗機を入れることを決めたきっかけは、風邪でダウンしたときに、相方シニアに食器洗いを頼んだら、「僕には無理」とあっさり言われたこと。

あーっそうだった、お風呂洗いと犬のシャンプーだけだったね、キミにできるのは。 (ノ_-;)ハア…

ということで、「使えないオトコより、使える食洗機」。(*^-°)v

老後に備えて、今から食洗機に慣れておくのもいいよ、と周りに薦めているサイト主です。
[PR]
by nyarcil | 2013-03-26 13:19 | My Favorite | Comments(5)
サイト主は花粉症。
しかしスギではなくてヒノキの花粉症なので丁度今がピーク。
目がむずむずして、ハナが出ます。
ふとこのティッシュでハナをかんでみて、その柔らかさ優しさに驚きました。
σ(・o・)  
感動、といっていいくらい。

「3枚重ねのやさしさで水で流せるティッシュペーパー」 河野製紙。
d0255522_0361414.jpg


とにかく肌触りが優しい。
他の「肌にやさしい」とうたった保湿ローション入りの高級ティッシュより、ふんわり感があります。
3枚重ねで、厚みがあるのもいいです。

実はこれも東日本大震災のあと東京でいろいろなものが品薄になって、地震の影響をあまり受けなかった静岡の実家で買って東京に運んだもののひとつ。
ジュニアのトイレトレーニング時期だったので、そのための購入です。

震災から何か月かたって落ち着いてくると、普通のティッシュボックスは店頭へもどってきましたが、この水で流せるタイプはなかなか戻りませんでした。
(東京では2年たった今でも、このタイプはポケットティッシュしかありません)

静岡のお店のひとに聞いてみると、「こういうものは被災地に優先的に送られているから」。

たかがティッシュペーパーといえども、下水道とかインフラが不安定な被災地にあっては、水に溶けやすいことは大切なことなのですね。 
特に介護の現場で需要が高いそうです。

普通のティッシュと水にながせるティッシュを比べてみました。

d0255522_0365533.jpg

水に流せるティッシュは、裂いてみると、抵抗なくすうっと裂けます。

d0255522_045207.jpg

普通のティッシュはうまく裂けません。
繊維がからまっているせいか抵抗があって、裂くと断面がギザギザになります。

震災の物不足の不安で買いすぎてしまったティッシュボックス、いい加減に消費しようと、(別に水に流すためではなく)自分の花粉症のために使い始めて、その肌触りの良さに気が付きました。

水に溶けやすくできている繊維だと肌にも抵抗が少ない、ということでしょうか。
よくハナをかむひとにおすすめです。

*************
ところで、普通のティッシュをトイレに流してはいけないこと、知らない人って意外に多い。

上の写真にもあるように繊維が長くからんでいて、水に溶けないのです。
これを流すと、公共の場所のトイレは水圧も高く大丈夫でも、家庭のタンク式ではつまることがあるそうです。

よくトイレで見る「備え付けの紙以外は使わないように…」って張り紙、そういう意味もあったんだと最近気が付いたサイト主です。
[PR]
by nyarcil | 2013-03-19 00:56 | My Favorite | Comments(2)

修学旅行は台湾に

昨日3月6日にこの記事↓を読んだとき、「ああ、やっと」と思ったのはサイト主だけではないと思う。

震災追悼式典で台湾代表、指名献花へ 昨年の一般参加から待遇見直し
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130306/plc13030610280010-n1.htm

東日本大震災(2011年3月11日)が起きてからもうすぐ2年。
大震災のあと日本には世界中から義援金が送られて、そのなかで200億円とずば抜けて多くのお金を送ってくれたのが台湾。
それに対して、国として中国その他の国の新聞に義援金への感謝広告を出しても、台湾には出さず(結局日本人の有志が寄付を集めて出した)、大震災一周年追悼式典に出席した台湾代表を、来賓席ではなく一般参加席に座らせ指名献花から外す等々、非礼を重ねる民主党政権。

あのときは、台湾のひとたちに申し訳ないというか、ほんと日本人として情けなかった。_| ̄|○

d0255522_23483336.jpg

写真:有志のひとたちがお金を出して、台湾の新聞に出した感謝広告。

ミンス党、もう二度と政権取ろうなんて思ってくれるな!

そんなこんなで、今回は台湾のちょっといいお話。
二ヶ月くらい前に、ある会合で聞いた話。

**********************************************
昨年中国のいたるところで反日運動が起こって、修学旅行先を中国にしていた日本の高校の多くが、行き先を他の国に変えることになった。

行き先を台湾に変えた某高校の生徒が、李登輝元首相に駄目もとで手紙を書いて講演をお願いしたところ、李登輝さんはその申し出を快く受け、台湾に来た高校生たちに、日本という国が持つ良さや日本人の美徳について語り、「日本人であることを誇りに思いなさい」とのメッセージを伝えた。
生徒たちはもちろん大感激。
その後他の高校からも相次いで講演の依頼が来て、李登輝さんはそれらを全部受けて(がん手術の後だったにも拘わらず)、何十校もの日本の修学旅行生たちに話をしたのだそうだ。

以前は左翼系の先生たちが、修学旅行の行き先を中国や韓国に決めて、日本の侵略とか戦時中の日本軍がした残酷行為を展示した戦争記念館とかばかりをまわらせて、おかげで生徒たちはどんより、重い気持ちで帰ってくることが多かったのだそうな。 (´Д`|||)

それが台湾に行くと、「海外旅行って、こんな楽しいものなんだ!」となって、生徒たちの帰るときの顔色が全然違っているのだそうな。
*\(*^▽^*)/*

李登輝さんの話だけでなく、どこにいっても台湾の人たちが温かく歓迎してくれて、皆楽しい時間をすごし、明るい気持ちで帰ってくることになるのだ。

サヨク先生、涙目 (´;ω;`)
**********************************************

李登輝さんや台湾のひとたちに感謝!です。

最近の中国本土は大気汚染がひどくて、中国を修学旅行先に選ぶ高校はますます少なくなるはず。
台湾に修学旅行に行く高校が、もっともっと増えるといいなあ。

でも李登輝さん、どうか御身体をお大事に。
あまり無理をなさらないで少しでも長生きされますように。

d0255522_035895.jpg

台湾映画『海角七号』、日本と台湾の60年前と現在をつなぐ物語。
李登輝さんもおすすめの心温まる映画です。

*ついでにお知らせ
「第二回台日文化交流」が、4月6日(土)7日(日)東京・池袋西口公園で、開催されます。
売上の一部は東日本大震災復興支援に寄付されるそうです。
http://loco.yahoo.co.jp/event/e5c56b42a5fb23927ca5a6f62771f12d65763cfd/
台湾の味と芸能が楽しめるそうです。
もちろんサイト主は本場台湾料理が目当てで行きますよ。
[PR]
by nyarcil | 2013-03-08 00:38 | 台湾 Taiwan | Comments(0)
子どもの頃兄が食べているのをねだって、ひとカケ食べさせてもらったとき、「これって大人の味!」と驚いたロッテのラミーチョコレート。
d0255522_2347168.jpg

ラム酒に漬けたレーズンが入っていてアルコール分3.7%、匂いも強く、高校生のときにはこれを学校の部室でこっそり食べて、ちょっとワルいことをしている気分でした。 (- -;)ゞ

大人になってからは、匂いの強さに周囲の目が気になって、すっかりご無沙汰していました。

今年、バレンインデーの前に久しぶりにスーパーのお菓子の棚を見たら、この冬のトレンドなのか各社いろいろな洋酒入りチョコレートを出していて、ラミーチョコレート以外にラムレーズンを入れたチョコレートが何種類も並んでいました。

というわけで、食べ比べ。 (あくまでサイト主の主観です)

◆ロッテのラミーチョコレート (アルコール分3.7%)
この種のチョコレートの元祖ともいうべき定番の味、アルコール好きにはたまりません。
チョコレートは二層になっていて、外側の硬い部分と、中のプラリネ部分。
d0255522_17292756.jpg

(割ってレーズンをひとつ出してみました)
中のプラリネ部分にラムレーズンが入っていて、そこが特にアルコールが強い感じ。
2本のバーに小分けされてますが、1本でもずっしり重くて(45グラム)、食べきるのがちょっときつい。匂いが強いので、食べきれないと残りをどうするか、(特に会社では)ちょっと考えもの。
σ(゚・゚*)

d0255522_17304919.jpg

今年新しく出ていたものでは、この三種。

◆明治 Meltykiss くちどけラム&レーズン (同3.7%)
ラミーチョコレートと同じアルコール分。ラムレーズンもプラリネ部分も同じ感じで、味も近い。
こちらは4本の小分けになっていて、1本が小さくて(15グラムくらい?)食べやすい大きさ。
でも小分けされてる分、ラムレーズンとプラリネ部分の比率が小さくて(そこが美味しい部分なので)、ちょっとさみしいかな。

◆ブルボン ラムレーズンホワイト マイヤーズラム(同1.0%)
これは普通に美味しい!ホワイトチョコがあっさりしていて、ラムレーズンとうまく合ってます。
アルコール分・香りもそれほど強くないので、昼間のおやつ向き。 味がしつこくなくて途中で飽きない。
気が付いたら1個全部食べてました。 

◆明治 ダークラムチョコレート (同2.2%)
チョコレートにダークラムが練りこまれていて、レーズンは入っていません。
均一にラム酒の味が効いたちょっとビターなチョコレートで、お酒のおともにいいです。

どれもワインやエスプレッソと一緒にいただきたい大人の味です。

冬季限定というわけで、すでに販売終了になってしまったものもありますが、来年の冬も是非出してほしいものです。

定番のラミーチョコレートはもちろんですが、他のラム酒系チョコも続けて出してもらいたいものです。
特にブルボンのラムレーズンホワイトチョコ、ホワイトチョコって普段全く買いませんが、これがラム酒の味とこんなに合うとは知りませんでした。
ブルボンさん、来年も是非!
八(^□^*)
[PR]
by nyarcil | 2013-03-03 18:01 | グルメ Gourmet | Comments(0)