静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:初めての犬飼い Life w/Dog( 13 )

白いボクサー


7月のある日いつもジュニアのトリミングで行くお店に、白いボクサーがいました。

d0255522_22423685.jpg

お店の人が飼いはじめたばかりの犬で、知り合いの獣医さんからいただいたとのこと。
3歳半のジュニアと同じくらいの大きさで、活発にジュニアと遊んでくれました。

次に10月にジュニアを(ペットホテルとして)あずけにいったところ、あの白いボクサーくん、すっかり大きくなってました。 
それでもまだ生後7か月で、これからもっと大きくなるそうです。

d0255522_22430705.jpg


実はボクサーって、体表の何割か以上が白いと、犬種として正式なボクサーとして認められないのだそうです。

それである獣医さんでは、白いボクサーが生まれると、あらかじめ申し込んでいる人に譲ってくれるのだそうです。

7か月でこの大きさだと、成犬になるとかなりの大きさ。 (・・;)
 
ちょっとうちのマンションでは厳しいです。

d0255522_22425476.jpg

それでも、毛が白いだけで処分されてしまうと聞くと、なんとか助けたいと思うのも人情ですよね。

いつか庭のある家に住むことがあれば、とちょっと思ってしまいます。








[PR]
by nyarcil | 2014-11-24 23:12 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(2)

最近のブログに「全然ジュニアの写真が出てこない」と相方シニアからブーイングがきて、そういうわけで今回はジュニアの写真からスタート。

d0255522_14560391.jpg


5月のある日の写真、つつじがきれいで散歩の途中で撮りました。
ジュニア、髭のせいかちょっと笑っているように見えます。(´∀`)

d0255522_14054802.jpg
6月5日に東京も梅雨入りしましたが、その直前の朝の散歩。
川に沿った道を歩いていて、暑くてハァハァ言ってます。

d0255522_14060421.jpg

その日、川を見るとたくさんの小魚が群れをなして泳いでいました。 
誰かが「ハゼかなぁ」って言ってました。

*********

以下、ちょっと話が変わります。最近気になったこと

今年公開のある台湾映画、日本の小説をもとに作られたというので、どんな話かと検索してみました。
その原作とは、仕事熱心な若い女性が主人公で、恋人と一緒にゴールデンリトリーバーを飼いはじめたものの、仕事に夢中すぎる主人公から恋人が離れてゆき、その後犬の世話で仕事も思うようにならない主人公は犬が疎ましく思えてきて、でもある日犬が癌だとわかり・・・あとは涙涙の感動物語(らしい)。 (´・ω・`)

しかし読んだ人のレビューに「犬を外でしかトイレをしないように躾けながら、主人公が夜遅く帰って、待ちきれずに粗相してしまった犬を、主人公が叱るシーンがある」とあって、そこで「アウト」となってしまいました。 
サイト主、犬が辛い思いをしている姿を想像するだけでダメなのです。

うちのジュニアも外でしかトイレをしません。 だから何があっても1日2回の散歩は欠かせませんし、夜もそんなに遅くならないよう帰っています。
犬を飼うことで自分たちの時間や生活が制限されることは飼う前から覚悟していました。 
その覚悟がないなら、最初から犬を飼うべきではないのです。
安易に犬を飼うのは犬を不幸にするだけです。(まして大型犬を飼うなんて、無謀すぎる)

さて、こちらは先日美容院で見た、ある女性誌のファッションのページの1枚。

d0255522_14051322.jpg

写真の女の子は、水のペットボトルも持たず、薄いクラッチバッグを片手に犬を散歩させてます。

この格好でどうやって、散歩の途中で暑くてハァハァするワンコに水をあげるのか、ワンコのうんちはどうするのか、拾わないのかしらん。
 ┐(ーдー;)マ、マナーですよ。

そもそもクラッチバッグなんて持っていたら、ワンコが何かの拍子に急に走り出したときに、どうやってリードを引いて抑えるんだろうか。
犬のリードを引っ張る力って結構強くて、きゃしゃな女の子が、片手だけでは無理。

コワイのは、こんなファッション優先で、あまり現実的でない設定の写真を見て「犬と一緒って素敵」と安易に犬を飼おうと思う女の子がいるんじゃないかということ。
(そういえば、先にあげた小説の主人公の設定もファッション雑誌の編集者でしたっけ)

ファッション雑誌さん、犬をアクセサリのように扱うのやめましょうね。
お願いします。  U・ェ・U





[PR]
by nyarcil | 2014-06-08 15:05 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(10)
d0255522_23211597.jpg

写真は生後3か月のジュニア。
場所は、大井川河口近くの吉田公園。(ここ好きなんです)

ジュニアと最初に会ったのは、ジュニアが生まれて一週間めの2011年3月最初の日曜日。
 
実家のお墓詣りの帰り、なんとなく犬屋さんに立ち寄ったときに、生まれたばかりのジュニアがママのお乳を兄弟と争ってチュウチュウ吸っている姿を見ました。
 
いかにも犬好きな店長が「この子はいいよおー」というのを聞いて、そのあと吉田公園でどこかの犬がフリスビーを追っかけているのをぼんやり見ながら、「さっきのあの子にしよう」と決めてしまってました。 

 お墓詣りのあとに出会ったから、きっとご先祖様がこの子にしろと言っているんだろうと勝手に解釈して。   ←おいおい (^ ^;;) 
d0255522_00012395.jpg
はじめてお店でジュニアを抱かせてもらったときの写真。ジュニア、生後2週間くらい。

d0255522_00104998.jpg

生後1か月くらいのジュニア。

東日本大震災があって迎えに行くのを少し遅らせてもらって、4月の終わり、ゴールデンウイークに入ると同時に迎えに行きました。
このときジュニアは2か月くらいでした。
d0255522_23200082.jpg
 
お店で段ボールの箱に入れてもらったジュニアがクルマで運ぶ途中、段ボール箱を内側からガリガリ噛んで破りだして、クルマのなかで二人慌てました。 もしかして、ちっちゃな怪獣かも、と。
(あのころから、何でも齧るワンコでした) 

d0255522_00132131.jpg

サイト主たち、初めての犬飼いで、全てが初めての体験。 

生まれて数か月のうちに犬の幼稚園とかに連れていかなければと思っていたら、ジュニアに皮膚病が見つかって断念。(今思うと犬の幼稚園なんて無用でした)
ワクチンが全部終わるまでは他の犬との接触させてはいけないと神経質になったり、不要なグッズを買ってしまったり、インターネットで情報を集めすぎて、反対に余計なことをやってしまったような気がします。

d0255522_23223890.jpg
東京の家に来て初めてケージに入ったところ。
「なんでこんなところにいれるんだよー」と言ってますね、きっと。

d0255522_23243825.jpg
ジュニア、5か月になったとき。
このころはスマートだったなぁ。(ため息)

d0255522_23271037.jpg
現在のジュニア、3歳。
体重が10キロ超えて、ジュニアを買った犬屋の店長に「貫禄ついたね」と言われてしまった。
あらま。

相方シニア、酔っぱらってジュニアにエサあげすぎです。(ノ_-;)

あー、サイト主と一緒にダイエットしようか。







[PR]
by nyarcil | 2014-03-31 00:20 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(6)
ある日街中で60代くらいの男性がパグを散歩させているのを見かけて、ひょんなことから立ち話をしました。
(まあ犬飼い同士は、犬を見て「可愛いですね、うちも犬飼ってます」と言うと、だいたいちょっとした会話になりますね)

そのパグは10歳とのこと。歳の割に身ごなしが軽く、身体が引き締まっていたのでそう言うと、おじさん、話好きな人らしく、いろいろなことを話してくれました。
手作りの犬ごはんをあげていること、犬には野菜を食べやすいかたちであげなければならないこと、前の犬が16歳まで生きたこと等々から、「うちの犬はみんな娘が連れてきて、結局自分が面倒みることになる」という愚痴まで。ヾ(^-^;)
犬ごはんの材料とか、ところどころ頭のなかでメモしながら、面白く拝聴しました。 

おじさんの話で特に印象に残ったこと。
「パグは目が出ているでしょ、だから歳をとると目が悪くなりやすいんですよ。それでうちでは毎日肝油をあげています」
「か、肝油ですかぁ?」とサイト主。
「ほら、子供の頃に食べさせられたあれ、薬局に売ってますよ。目にいいのがあるから、それを一日一錠エサと一緒にあげる。 この子も10歳だけど目に濁りとかないでしょ」

サイト主、おじさんに話のお礼を言って別れたあと、さっそく薬局に入ってこれを買いました。
d0255522_1339118.jpg

『カワイ肝油ドロップC20』
「目をよく使う方」というシールが貼ってあって、あのおじさんが言ってたのはこれに違うない。
ビタミンA、D、Cが入っていて、インターネットの口コミを見ると、人間のドライアイの他、口内炎にも効果があるらしい。 「なつかしい」といいながら、大人になって試している人が結構いました。
ネットでは「犬に肝油をあげてもいいですか?」との質問も上がっていて、それへの答えもありました。ふーん。
d0255522_13394558.jpg

とりあえず人間で試してみよう。 相方とふたり、一日2錠ずつ摂ることにしました。
ドロップでも「噛んで食べる」とあって、ほのかなオレンジ味で、おやつ感覚で食べられます。
d0255522_13402618.jpg

ジュニア、君にあげるのはもうちょっと先ね。

ところで全然関係ないけど、このおじさんと会った日は、サイト主、なぜかパグと縁のある日でした。

その日の夜のジュニアの散歩のときのこと。 
ドラッグストアの店先のフェンスにリードで繋がれていたパグが、ジュニアに向かって飛び出したはずみに、ハーネスから身体がスポッと抜けてしまいました。
サイト主、慌ててジュニアのリードを近くに結わえて、歩き回るパグを抱き上げてドラッグストアのなかに入り、「この犬の飼い主さん、いませんか」と声をあげました。

誰も出てこないのでハーネスのところに戻り、とりあえずもう一度パグにハーネスを着けさせようとしたところ、このパグくん、嫌がって暴れること暴れること。 地べたに腰を下ろして、凄い力で抵抗するパグを押さえながら何とかハーネスとリードを装着。あー、しんど。 (;´д`)ゞ

そのあと水をあげるとガシガシ飲んで、おかわりしてもガシガシ。 
またハーネスが抜けては、と飼い主さんが戻るのを待っていたのですが、なかなか飼い主さんが戻ってこなくて、「もしや、この犬は飼い主に捨てられてしまったのでは」という考えが頭に浮かびました。 
そんなこんなで不安になりはじめたとき、ようやく買物袋を抱えた若い女性の飼い主さんが登場。 
(ー。ー)フゥ 
(ジュニアはその騒ぎの間、大人しくお座りしたままで本当にいい子でしたよ)

後で相方にその一部始終を話して、
「一瞬、ジュニアと一緒にそのパグも飼うことになるのかと思ったよ」というと、
相方、「それも、よかったかも」。
ペットは1頭までの飼育制限のあるマンションに住む私たち、一瞬ですが、ジュニアとパグを一緒に飼う夢を見ました。 ほんと、犬バカ。 (*´д`*)

d0255522_1341991.jpg

ちなみにうちにある週替わりカレンダー「ペチャ犬川柳」の今週はこれ。パグです。 

「飼い主に 似てると言われ 怒る犬」。
[PR]
by nyarcil | 2013-12-01 14:05 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(4)
『犬を飼う』(谷口ジロー) 小学館文庫

d0255522_17164532.jpg


賞もとって有名な漫画作品ですが、発表から20年以上経っているので知らない方もいるかもと、ご紹介。
最近はこの作者が作画している『孤独のグルメ』、テレビ化されて話題になっていますね。

d0255522_17231731.jpg


表題の『犬を飼う』では、郊外の子どものいない夫婦のところに来た、柴とテリアのミックス犬タムが14歳を過ぎてから老いて死ぬまでの生活を淡々とつづっています。 44ページの短編です。

d0255522_17173461.jpg


サイト主もこの本、犬を実際に飼い始める前に本屋で見つけ、一気に読みました。
犬を飼う予定の人は必読の書です。 

d0255522_17182685.jpg


犬の寿命は十数年。 
犬を飼うなら、いつか愛犬の最期を看取る日が来ること、心のどこかで覚悟していないといけませんね。 

d0255522_1745633.jpg


長生きしてね、ジュニア。
[PR]
by nyarcil | 2013-11-25 17:14 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(4)

歯磨きがわりの犬用ガム

『カミカミリッチ リフレッシュガム ミルクタイプ 5枚入』 (株式会社ダイワ)
d0255522_083994.jpg


パッケージにでかでかと、「お客様の声でできたガムです」と書いてあって、ほんとかなあと思いつつ、つい手にとってしまいました。

「よく噛んで食べているうちに歯石歯垢がつきにくくなる」とあって、愛犬の歯ミガキをさぼりっ放しのダメ飼い主、買わないわけにいきません。

ものさし程度の長さの薄い板ガムです。 裁縫でつかうバイアステープをのりで固めたような、「一反もめん」をミニサイズにしたような感じ。
最初どうやってあげていいのかわからず、そのままポイとジュニアにあげたら、ジュニアはガムを床に置いて匂いをくんくん。そのあとプイっと、どこかに行ってしまいました。 (*・д・`) あれれ。

d0255522_043144.jpg


しかたなくサイト主、片手でガムの端を持って、ジュニアの鼻先で振り子のように振ってみて、
\_( ._.) やっと食いついてきました。

d0255522_0435894.jpg


引っ張りっこで遊んでいるつもりか最初は前歯でガシガシ。そのうち、奥歯にガムをあてるようにして、右側の奥歯で噛んだ後は、左側の奥歯で、と顔の向きを変えて噛み始めました。

d0255522_2354588.jpg


あ、これは確かに歯にいいかも。
案外ジュニアも自分で、汚れが気になる歯のところにガムをあてて、汚れを取ろうとしているのかも。
d0255522_23552981.jpg


サイト主、片手でガムの端を持ったまま、ジュニアにガシガシさせ続けて30分。
さすがに手が疲れて「もういいよね」、とガムを引き上げると、ガムは長さは半分になってました。
d0255522_0481314.jpg


翌日、半分の長さの残ったガムをそのままジュニアに渡したら、ジュニアはそれを前足で挟んで、ガシガシと嬉しそうに噛んで食べてました。 「この長さが丁度いいんだよ!」と、満足そう。

ジュニアの大きさの犬だったら、半分くらいの長さに切ってあげるのが丁度いいみたい。
本当に歯石や歯垢がとれるかわかりませんが、ちょっとは歯がきれいになるし、一度あげたら20分くらいガムに集中してくれるので、ワンコに邪魔されたくないときに便利です。

サイト主はこれをお店で買ってますが、楽天でも売ってました。
【株式会社ダイワ】 カミカミリッチ リフレッシュガム ミルクタイプ 5枚入

あー、それにしても、うちのカーペットの色、完全にジュニアの保護色。
ジュニアがうちに来る前に買ったものだから仕方ないけど、他の色にすればよかった。
[PR]
by nyarcil | 2013-11-14 00:18 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(4)
暑いですね。ジュニアもこの通り。
d0255522_14352634.jpg

散歩の途中で暑さに舌を出して、木陰でペッタリ。ヘタレてます。

今日はちょっとくだらない話。 
暑さのせいです。 ヾ(;´▽`)ゞ

週末の朝、相方シニアが起きるなり、「お前とケンカする夢をみた」と言いだした。 (゜.゜*)アラマ
サイト主が突然、相方の足が臭いって怒りだしたのだと。
相方の足の匂いなんて、感じたこと一度もないのにね。で、どんな夢?

相方の言う夢の中の会話というのが、
 サイト主:「足が臭い、まるで犬の足を拭いたあとのボロキレみたいな匂い!」
 相方:「お前の足こそ、まるで猫の肉球と肉球の間の匂いみたいだ!」

(ノ_-;)ハア…
そんな具体的なたとえ、よく夢の中で思いつくものだなぁ。
てか、夢の中の会話、よく覚えているね。

犬の足を拭いたあとの布の匂いなら分かるけど、「猫の肉球と肉球の間の匂い」って、何???
ビミョーすぎる。

身近に猫の手を貸してくれる猫がいないのでわからない。
聞くところによると、独特の匂いがあって、猫好きにはたまらないのだそうな。
どんな匂いなのかすごく気になる。 (-_-;)

d0255522_14422564.jpg

トリミングで思いっきり短く刈られたジュニア。
足の匂いをかいで見ると、普通の犬の匂い。
友達は「ちょっと焦げたような匂い」と言ってた。
確かにそんな匂いもあるけど、ちょっと甘いバニラのような匂いもしないでもない。

なにはともあれ、飼い主のお馬鹿につきあってくれるいい子だよ、キミは。
[PR]
by nyarcil | 2013-08-08 14:30 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(5)
最近こんな方法で、ジュニアに遊ばせながらおやつをあげてます。

d0255522_21433220.jpg


空のペットボトルと、レッグウォーマー(短め)を用意。
d0255522_2127130.jpg

まずはペットボトルに、細長やキューブ型のおやつをいれる。
d0255522_2127590.jpg

ペットボトルにレッグウォーマーをはかせる。
d0255522_21274119.jpg


おやつの匂いに飛び掛ってくるジュニアを、何とかお座りをさせて、「待て」。
そのあと、ペットボトルを床に置くと、
d0255522_21291370.jpg

飛び掛って中のおやつを取り出そうと、転がしたり、
d0255522_21295199.jpg

レッグウォーマーを歯にかけて、底を持ち上げたり、
d0255522_21312337.jpg

あっちへころころ
d0255522_21314323.jpg

こっちへころころ
d0255522_2133088.jpg


ペットボトルからエサを出して、食べながら、中が空っぽになるまで、2分くらい。 
空になったあとも、しばらくペットボトルを転がしてます。

d0255522_21332692.jpg


ネットのどこかにあった方法で、「靴下を半分にきったものをペットボトルにかぶせる」とあったのですが、靴下だとジュニアがすぐにペットボトルからひっこ抜いてしまって、なかのエサを出せなくなって、ジュニアは相方シニアのところにいって、もう一度靴下をはかせろとせかしたとか。
(-""-;)オイオイ

それで、脱げにくいレッグウォーマーに替えました。

朝出勤と同時にあげようと思って、準備したペットボトルをテーブルの上に置いておくと、いつのまにかジュニアはテーブルにジャンプして、ボトルを倒して下に落として、さっさと中のものを食べてました。
(゚д゚lll)

ますます油断できなくなってきたジュニア、2歳と4ヶ月です。

d0255522_21471323.jpg

今月6月でブログ始めて1年、ジュニアも元気です。

これからもマイペースで行きますので、よろしくお願いします。
[PR]
by nyarcil | 2013-06-26 21:24 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(4)
犬の散歩から帰って、家に上がる前にやること、それは 犬のあんよをきれいにすること。
(犬は靴をはいてませんからね)

どうやってきれいにするかは、人それぞれ。
犬の足の汚れを濡らしたボロ布で拭き取るひともいれば、水道で洗うひともいて、うちは洗う派。

d0255522_1575641.jpg

風呂場に連れて行って、犬用の泡のシャンプーを足裏になすりつけて、専用の洗面器のなかであんよを振り洗い。

d0255522_1582126.jpg

最後は水道水で流します。 その後、ぼろ布で水気を拭き取って、やっとおうちの中へ。

d0255522_122195.jpg

使っているのはこれ、泡のトリートメントインシャンプー「泡マイルド」。
ネットでいくら探しても、犬の足洗い用クリーナーというものは見つからなくて、結局低刺激のシャンプーを使ってます。
このシャンプー、片手でワンプッシュで泡を出せるので、犬を抱えながら使うのに便利です。
東京で売ってなくて静岡のスーパーでまとめ買いしてます。

春になると、道端のタンポポの種や草の実が犬の足元にくっついて、足を洗った後、それを取るのにブラシ片手に一苦労だったり。
春になると暖かくなって、犬もこころなしか足取り軽く散歩して楽しい反面、ちょっと面倒くさくなるのですよね。

ところで、
前に「犬のふんはトイレに流す」と書いたのですが、知り合いに聞いてみると、「トイレに流す」のほかに「持ち帰って燃えるゴミとしてだす」、という人もいました。

なんでも犬のふんは人間のものと違って水に流れにくく、詰まりの原因になったりするそうです。
えっ、知らなかった。(゚゚;)

まあ、うちの場合は今までずっとうちのトイレで流していて問題なしなので、このままでいくと思いますが、そういうことは知っておくべきですね。
...ψ(。。)メモメモ...

ジュニアを飼い始めてもうすぐ2年。
まだまだ知らないことが多いなあ、と思う犬飼初心者です。
[PR]
by nyarcil | 2013-02-25 02:08 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(2)

犬と散歩するときには1

同僚から、「犬のふんってどうやって捨てているの?」と聞かれて、そういえばサイト主も犬を飼う前はそんなこと全く知らなかったなぁ、と思いおこし書くことにしました。
興味がなければ、スルーしてくださいな。

犬のふんの処理は、もちろん飼い主の責任。 散歩のときはマナーバッグ(ペットふん処理袋)を忘れません。
d0255522_153563.jpg

これはビニール袋にトイレに流せるティッシュがついているもので、ふんをティッシュで包むように拾って、ビニール袋を裏返して包んで持ち帰るので手が汚れません。
d0255522_1543229.jpg

うちに持ち帰ったふんは、ティッシュごとトイレに投げ入れて、フラッシュしておしまい。 (ビニール袋部分は別にゴミ箱へ)

これを使わないで、コンビニかなんかのビニール袋でふんを拾う飼い主さんもよく見かけるけど、どうかなあ。 ビニール袋の内側にふんが付着してやりにくいんじゃないかしら、と余計な心配をしてしまう。

それでもふんの処理をちゃんとする飼い主ならOKですよ。ふんを持ち帰らない飼い主が増えて、こんな看板の公園ばかりになってしまったら、嫌だもん。
d0255522_155271.jpg


サイト主にとって犬を飼うのはジュニアが初めて。 だから、飼う前からネットや本でいろいろ情報を収集して万端に準備した・・・つもりだった。
特に計算違いだったのは、一日2回の散歩が毎日のことになった途端、ジュニアが散歩のときにしか、つまり外でないとウンチもオシッコもしてくれなくなったこと。

あーん、トイレのしつけも中途半端なままなのに。
あんなにいろいろトイレグッズとか消臭剤とか買ったのに。
何より、飼い始めたときにネットで大量に(ダンボール1箱分)買ったペットシーツが全く減らなくて、いまや狭いマンションの部屋の場所ふさぎになっている。(´□`;)

これから犬を飼う予定のひとに一言、「犬用品のまとめ買いは慎重に」。
特に成長期前には。 犬のライフスタイルは成長とともに変わるものです。

外でしか排泄しないとなると、室内にそういう匂いがなくていいという反面、毎日必ず散歩に連れて行かないとならないってこと。
大雨でも台風でも雪でも、一日最低1回は、たとえ5分間でも何とか外を歩かせないとならない。
たとえ飼い主が二日酔いでふらふらの状態でも。
((((_ _|||))))

d0255522_2171318.jpg

いいからさっさと散歩に連れてけって? はいはい。
[PR]
by nyarcil | 2013-02-05 02:10 | 初めての犬飼い Life w/Dog | Comments(0)