静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:グルメ Gourmet( 28 )


おやつカンパニー「ベビースター ラーメン丸 CHOCOLATE(チョコレート)」。
会社の売店で見つけて買いました。

d0255522_00060055.jpg


ベビースターラーメンを粒状にかためたものに、チョコレートをコーティングしたもの。

d0255522_00060959.jpg

味は、同僚曰く「ベビースターラーメンの味と、チョコの味。そのまんまじゃん」
 ヾ(^_^。)マアマア

d0255522_00061955.jpg


最近は何にでもチョコかけるバージョンあるみたいですね、「柿の種チョコ」もあるくらいだし。

まっ、うちの田舎の朝ラー飴(ラーメン味の飴)もどっこいどっこいかな。

d0255522_00062856.jpg

おまえ、テキトーだなぁ  by ジュニア




[PR]
by nyarcil | 2016-12-06 00:37 | グルメ Gourmet | Comments(2)


サイト主、今の勤務先の前に外資系企業で働いていたことがあって、一時期そのオフィスは麹町にありました。
最近麹町の近くに行く用事があり、ついでに昔よく通ったお店でランチをいただきました。 

◆「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」、35年続く欧風カレーの店です。

d0255522_18430250.jpg

昔一緒に行った同僚のフランス人いわく、
「”欧風カレー”といっても、ヨーロッパにカレーはないよ」。
(そういいながら、フランス人たちはここのカレーが大好き)

d0255522_18424511.jpg


誰かが言っていましたが、カレーというより「ビーフシチューを辛くしたもの」と言われればそうかもしれないと、久しぶりにいただいて思ってしまった。 
でも、やっぱり美味しい。
茹でたポテトとバターの付け合わせもグッド、昔と全く変わっていない。

後でちょっと調べてみると、もともとインドのカレーを植民地統治していたイギリス人が自国に持ち帰って自分たちの舌に合うようにアレンジして、それをイギリスに視察に来た日本の軍人が「これを食べれば脚気にならない」と、製法を日本に持ち帰り、それで「海軍カレー」ができた、とか。

ルーに小麦粉を入れるのはイギリス式で、日本のカレーは、だからイギリス式なのだそうな。
(ただフランスになかっただけだよね、(;´д`)ゞ)

他に麹町・半蔵門近辺で、やっぱりよくランチに行っていたお店、
◆「とんかつ・いけだ」。

d0255522_18431676.jpg

ここもフランス人が大好きで、週に2、3回は行ってました。 
食べログでは今も「飽きない味」といわれているとんかつ屋さんです。

◆天然酵母パンの、「シェ・カザマ

d0255522_18444475.jpg

ランチの後に、よくここのパン屋によって、パンを買いましたっけ。 ここも創業24年。
d0255522_18450015.jpg
 
某フランス人がいつもここのパン・オ・ショコラを1個だけ買って、大切そうにオフィスに持ち帰っていたこと、おぼえています。
(今は彼も日本人の奥様をもらって、一児の父 ( ´_ゝ`)トオイメー )

20年以上前に行っていたお店がどこも当時のままでした。
麹町・半蔵門界隈ってヨーロッパの古い街のような落ち着いた趣があって、外人観光客もいなくて、散策するのにすごくいい。 
また来ようっと。




[PR]
by nyarcil | 2016-11-23 19:03 | グルメ Gourmet | Comments(7)

ときどき無性にフルーツサンドイッチが食べたくなるのですが、なかなか持ち帰りできるお店がない。四谷三丁目のフクナガでも、お店でたべるしかなかったです。

10月の三連休に、試しに自分で作ってみました。

d0255522_23241540.jpg

フルーツは、季節的にイチゴがなくて、色彩的に赤い色が欲しくてイチジクをいれました。
あとは柿、キウイ、パイナップル、みかん。
香りづけでブランデーをちょっぴりたらしたシロップに、前日からつけておきました。

味は、うーん、生クリームが甘い分、中の果物にはもっと酸っぱいものが必要だったかな。
特にみかんは、缶詰ものではなくて生のオレンジを、皮をむいて使えばよかった。

それでも初めてのフルーツサンドにしては、見た目の味も上出来。(と、いっておこう)
ヾ(^-^;)

d0255522_23243121.jpg

フルーツサンド、いただく前にユリの花と一緒に家族の遺影の前にお供えしました。
秋のお彼岸、過ぎちゃってましたが。






[PR]
by nyarcil | 2016-10-13 23:58 | グルメ Gourmet | Comments(6)


先日旅行先で買った「食用ほおずき」、食べてみました。

食用ほおずきは日本では別名、「オレンジ・チェリー」または「ストロベリー・トマト」と呼ばれているらしく、サイト主が買ったのものは「オレンジ・チェリー」のラベルがついていました。
これは物珍しさで買ったのですが、買った場所が福島県の三春ダム近くの地元農産物の店で、復興応援の気持ちもあって、他にもいろいろ買いました。

d0255522_15495659.jpeg


本当に、見た目がほおずきです。
ほおずき市で売っている観賞用のものは中の実は真っ赤で小さいですが、食用のこちらはオレンジ色で実が大きいです。

d0255522_15501638.jpg

外側のガク(殻)からはずしてしまうと、一見プチトマト。

d0255522_15503041.jpg


食べてみると・・・・・
(@・Д・@)??
美味しいんだけど、なんかなぁ・・・。

d0255522_15504657.jpg


たとえてみると、見た目と果肉の食感がプチトマトに近いので、トマトの味を想像していたら、味はプラムだった、というのが一番近いかも。
甘さが強くて、すっぱさや青臭さがなくて、本当に果物の味でした。

実はサイト主、子供の頃にほおずきの笛を作る方法を教えてもらい、ほおずきの実をほぐして中味を口で吸いだしたことがあって、そのときすごく苦い味だったので、最初齧ったときはびっくりしました。
「あれれ、全然苦くない! 甘い!」 Σ(゚д゚ )。

これって、子供の時のほおずき笛をならした経験の有無しでかなり印象が違うんだと思います。
(田舎育ちと都会育ち、の違いかも)

食用ほおずき、これからもっとお店に出てくるのではないかと思います。
フルーツとして普通に甘くて美味しいし、殻に入った状態だと見た目が変わっていて、日本的風情を演出する食卓の飾りとして使ってもいい。


そうだ、今度買う機会があったら、料理のサイドディッシュとして飾ってみよう。



[PR]
by nyarcil | 2016-10-01 16:12 | グルメ Gourmet | Comments(4)

手造り甘酒


最近相方シニアが、
「Amazakeって身体にいいって、ガイジンが言っているけど、本当?」
と聞いてきたので、
「甘酒って、甘いものがなかった時代の栄養補給ドリンクだよ」。


d0255522_00421539.jpg

甘酒は『飲む点滴』とも言われて、夏バテや疲労回復に効果ありとのこと。
発酵食だし、植物繊維も豊富。

今回はシニアのためにヨーグルトメーカー「ヨーグルティア」で甘酒を作りました。

材料はお米1合と、乾燥米こうじだけ。

d0255522_00422640.jpg

低温乾燥米こうじ、「みやここうじ」

サイト主の作り方は、
まずはお米1合を多めの水(600mlくらい)で、普通に炊きます。

お粥状に炊き上がったお米をヨーグルティアの容器に入れて、少しの間覚まします。
その間に、米こうじを一粒一粒ほぐします。

まだ温かいお粥に、ほぐした米こうじを入れて、かき混ぜてなじませます。
なじんだところで、200mlくらいの水を更に加え、かき回します。

ヨーグルティアで、60度Cの温度で、9時間発酵させます。
途中で2~3回かき回します。

できあがりはこんな感じ。

d0255522_00424887.jpg

お米と米こうじだけで(砂糖なしで)、自然な甘さなのですが、すごーく甘い。

温めて飲むと甘さが強すぎる感じで、サイト主は冷やして飲む方が好きです。

最近のシニアはこれを毎朝、小さめのコーヒーカップで1杯飲んでいます。

前夜のお酒を、朝の甘酒でカバーしているつもりなのかしらん。
ま、いいけど。
ヾ(^-^;)







[PR]
by nyarcil | 2016-02-06 01:10 | グルメ Gourmet | Comments(6)

仕事で行った先で見かけたポスターの漢字を見て、
ふと葡萄ジュースが飲みたくなってしまいました。

d0255522_22045582.jpg

(どういう発想しているのか ('~`;)オイオイ )

ぶどうジュースでもグレープジュースでもなく、本物の「葡萄」ジュース。

サイト主、さっそく種無しの巨峰を、一房買ってきました。

d0255522_22042891.jpg


洗って冷蔵庫で冷やして10粒くらいとって、ハンディブレンダーで皮ごとジュースにしました。

ちょっぴり贅沢している感じ。 ( ´艸`) 

d0255522_22043902.jpg

それで出来たジュースがこれ。
あれれ、思っていたような濃い色ではないんですね。

考えてみると、葡萄の皮は確かに濃い赤紫色でも、中の身は半透明な白っぽい色。
自然の色ってこんなものですね。

味も自然な甘さで美味しかったです。




[PR]
by nyarcil | 2015-11-02 22:16 | グルメ Gourmet | Comments(4)

全国和菓子協会が出している、北海道小豆100%の「あずき茶」。

d0255522_22461757.jpg


実家近くの和菓子屋のおじいさんが、「これ和菓子協会から言われて店にだしてるけど、美味しくないよ」というのを、試しに買ってみました。 

甘くないというだけで、美味しくないことはないですよ。 なんかほっとする味。
あずきの煮汁の上澄みみたいなもので、日本人には親しみやすい優しい味です。

d0255522_22443664.jpg

無糖でノンカロリー。ポリフェノールとカリウムを多く含んでいるとあって、身体には良さそう。

特にカリウムには身体の水分の排出を促す作用があって、むくみに悩む人にはお奨めなのだそうな。
一緒にナトリウムも排出するそうなので、塩分が気になっている人にもお奨め。
(はい、サイト主です (´д`;)ゞ  )

d0255522_22444545.jpg

すっかり気に入って、同じあずき茶でペットボトルの「あずき美人茶」も買ってみました。
こちらのメーカーは「遠藤製餡」。 
きっとあんこを作るときにできた副産物なのでしょう。
味は缶のものとほぼ一緒でした。

d0255522_22440616.jpg

試しに温めて砂糖を入れて甘くして飲んでみたところ、薄めたお汁粉みたいで美味しい。
あっ、ちょっといいかも。 (^-^;)
疲れたときに飲みたいです、これ。

普通のペットボトルの緑茶などに比べてちょっぴりお高めですが、やっぱり原材料が純国産なのは安心。

ネットで買って冷蔵庫に入れて、相方シニアと毎日飲んでいます。


d0255522_22585673.jpg

関係ないですが、ジュニアの横にいるのは相方がホームセンターで衝動買いした犬のフィギュア。

相方はこれに「ミニジュニア」と名付けて自分のPCの横に置いて、ニヤニヤ。
(*^ ^*)  
(犬バカですねえ)

ジュニアに似ているかな。










[PR]
by nyarcil | 2015-06-09 23:20 | グルメ Gourmet | Comments(5)

江東区住吉に「いつ見ても行列できているラーメン屋がある」と聞いて、行ってきました。

場所は都営新宿線住吉駅から2分、JR錦糸町駅からは四ツ目通りを南に、8分ほど歩いたところ。


d0255522_12252431.jpg


午後2時半過ぎで、もう誰も並んでいないだろうと思っていったら、9人が並んでました。
(昼は3時まで)

d0255522_11551380.jpg

この店で誰もが一度は頼むのが、「つけ麺とカレ変ライス」のセット。 

お店の人に教えられて、並んでいる間に食券を買いました。
(流行っている店なのに、お店の人は腰が低くて感じいいです)

d0255522_11551917.jpg

席につくと最初につけ麺が出されました。
太目の麺と、魚介と肉の濃厚なスープでした。

麺を食べ終わったら、お店の人に声をかけて、カレ変ライスのチケットを渡します。
お店の人は、つけ麺の残りのスープをキッチンへ持って行って、スープに何か加えて熱して、ライスと一緒にもう一度お客さんに出します。


d0255522_12291826.jpg


つけ麺スープは、カレーのルーか粉が加えられて、濃厚でスパイシーなカレースープになっていました。 カレー味のスープにご飯を入れていただきます。

味は、カレーがスパイシーで濃厚なだしと合わさって、おいしい!  
(  ゜ ▽ ゜ ;)
あっというまに完食してしまいました。

隣の若者二人組もこれを一口食べて、顔を見合わせて「おいしい!」と言ってました。

さて問題はその後。
口の中にずっとスパイスの味が残って、帰る途中で猛烈に甘い物が欲しくなりました。
結局アイスクリームを買って食べて、やっと落ち着きました。

そんなわけで「もういいかな」と思ったのですが、ブログに載せるため改めて、つけ麺とカレ変ライスの写真を見ていると、無性にまたあのスパイシーなカレーが食べたくなってしまっていて・・・
これ、癖になる味です!
そうか、それでみんな行列してまで食べに行くんだ。

今度行くときは、近くに美味しい下町スイートがないか、チェックして行こうっと。

ヾ('~`;)オイ、カロリーカロリー





[PR]
by nyarcil | 2015-05-23 12:39 | グルメ Gourmet | Comments(2)
静岡県ってよく新製品の試験販売が行われる県で、東京の店頭で見ないものがあったりします。

d0255522_1825198.jpg


『コカ・コーラ オレンジ』
実家近くの大型スーパーで、普通に安く売られてました。

d0255522_185622.jpg


お味は、飲む前に強くオレンジの匂いを感じて、飲んでみるとコーラの味とやっぱりちょっとオレンジの味。
そんなに合成っぽくない味で、普通に飲めます。

炭酸は普通のコーラよりちょっと弱いです。

問題は····カロリーが1本あたり235キロカロリーもあること。
うーん、ご飯一膳分ぐらいですかあ。
(*´・ω・`)

体重計と相談ですね。
[PR]
by nyarcil | 2015-01-24 17:57 | グルメ Gourmet | Comments(2)

最近サイト主のオヤジ化が進んでいるのか、以前は女性として入れないなと思っていた街の立ち食いソバ屋さんにも、普通に入れるようになってしまいました。 ('~`;)

きっかけがここ、JR東海静岡駅の東海道線プラットホームにある立ち食い蕎麦屋、
『富士見そば』。
東海道ローカル線の、上り下りの両方のプラットホームにあります。

d0255522_23163753.jpg

ある日ジュニアを連れて帰省した帰り、新幹線に乗る前にここで夕食を食べてしまえば、あとはゆっくりできると気が付きました。

ジュニアを入れた犬用キャリーバッグを足元に置いて、立ったままおソバをいただくのに5分もかかりません。
冷たい駅弁を車内で食べるより、出来立てであたたかいおソバの方が、全然いいです。

しかも、この静岡駅の『富士見そば』、意外に美味しい店なのだとわかりました。

d0255522_23165182.jpg

おろしソバの大根おろしがみずみずしかったです。
少なくとも、サイト主の会社の社食のよりずっと美味しい大根おろしでした。
 

d0255522_23171008.jpg

キムチラーメンの、キムチが美味しい。
コチュジャンもナルトも入って、ネギもたっぷりの本格派です。
(ラーメンのおつゆが、お蕎麦屋さんのおつゆに味が近いのはご愛嬌)

ここで夕食を食べて、あとは新幹線でゆっくりビールとおつまみ。

静岡から東京まで新幹線でほんの1時間ほど。
ジュニアにとっても、新幹線のなかでぐっすり眠れます。
(サイト主たちが頭の上で食事していたら落ち着きませんものね)

たまにはちょっぴり勇気を出して、こんなお店を試してみるのもいいですね。

(というか、そもそも犬連れで入れるレストランなんて駅ビルにないですものね)




[PR]
by nyarcil | 2014-09-17 23:48 | グルメ Gourmet | Comments(3)