静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:魚河岸シャツ Local shirts( 3 )


あー、もう8月も下旬。
せっかく今年新しくジュニアに魚河岸シャツを買ったのに、着て出かけるチャンスがないまま夏が終わってしまいそう。 (´д`)

ということで、室内で撮った写真だけでもアップ。
d0255522_00532273.jpg

焼津の七夕祭りで衝動買いした、ジュニアと相方シニアのおそろいの魚河岸シャツ。
この柄は、男性向けの一番定番のものです。

d0255522_00555726.jpg

犬用の魚河岸シャツは、最近新しくお店でも売られるようになったようです。
人間のものと違って立体的に縫製しなければならず、作るのが難しいようです。 
d0255522_00561578.jpg

犬服作りに慣れてない人たちが作っているせいか、残念ながらあまりジュニアの身体にあってません。
前身頃と後ろ見頃のバランスが悪くて、大き目サイズを買ったのに引きつりが出てしまってます。
脇に浴衣のように開きを入れたら、少しは良くなるかもしれません。

でもまあ、祭りの一日だけなんだから今年は我慢してね、ジュニア。

それにしてもシニアは仕事が忙しくて、今年の夏はまったく休みが取れない状態。 
魚河岸シャツを着て出かける機会はないと諦めていたら、この週末地元の夏祭りの山車がうちの近くに来ているのに気が付いて、急遽ジュニアに魚河岸シャツを着せて山車のところに出かけました。

d0255522_00535049.jpg


近所の人たちには、お祭りの恰好しているジュニアは「カワイイ!」と大受けでした。
\_(^◇^)

まあ、今年はこれだけでもいいかな。

お疲れ様、ジュニア。





[PR]
by nyarcil | 2014-08-24 01:40 | 魚河岸シャツ Local shirts | Comments(6)
もうお盆も過ぎたというのに、ジュニアの魚河岸シャツをアップするのを忘れていました。
d0255522_18542334.jpg

実は出来たものがちょっときつくて、しかも素材そのものが伸びない布地(手ぬぐい)で、結局わきの下にゆかたのような開きを入れて調整しました。

相方の魚河岸シャツもおそろいでオーダーメイドして、一緒に歩くとこんな感じ。
d0255522_18545333.jpg


この格好で8月4日に行った、吉田町住吉神社のお祭風景もアップします。
d0255522_1840464.jpg
d0255522_18404434.jpg
d0255522_18411666.jpg
d0255522_18414690.png


山車が2台神社の前で向かい合うように置かれて、その上で音楽に合わせて着物のお姉さんの踊りがありました。
音楽に合わせて点滅する山車の電飾も見事でした。
d0255522_18445855.jpg

山車を引っ張る人たちのそろいの襦袢もかっこいい。

d0255522_190628.jpg


お祭を見に来た人は、魚河岸シャツとパンツのセットアップが多くて、子供たちなど自由に道端に腰を下ろして見ていたりして、楽しそうだった。

d0255522_1848090.jpg

ジュニアくん、つきあってくれてありがとうね。
[PR]
by nyarcil | 2012-08-19 19:10 | 魚河岸シャツ Local shirts | Comments(0)

魚河岸シャツ

魚河岸シャツとは、焼津市民のローカルユニフォームの、木綿の手拭いで作られた夏用のシャツ。
襟なし前開きの、いわゆる「ダボシャツ」に近いかたちのシャツで、独特なのは「魚河岸」の文字が絵柄に入っている手拭いで作られること。
d0255522_1443743.jpg


まぐろで有名な遠洋漁業の基地でもある焼津市が、町おこしの一環で市民に呼びかけたおかげで、ここ数年すっかり定着。今や焼津では祭りはもちろん、夏の定番ウェアになっている。
手拭い素材でできているので風通しがよく汗をかいてもすぐ乾くので、今や焼津だけでなく、近郊の海水浴場の「海の家」の人たちのユニフォームにもなっている。
ただ、手ぬぐいで作る簡単なつくりのシャツなのに、意外に高くて(五千円前後)なかなか買う気になれないでいました。

その魚河岸シャツを、ひょんなことからオーダーメイドでお願いすることになったのは、昨年の春のこと
てぬぐい生地を売っているおばさんに声をかけたことがきっかけ。
仕立てをお願いしても売っているシャツと比べてそれほど高くないとのこと、その場で気に入った生地を選んで、出来上がったら東京の自宅に送ってもらうようにお願いしました。

着心地がよくて、今やすっかり飼主の夏のお気に入り。
オーダーメイドだと、襟ぐりを広くとか、裾を長くとかいろいろ注文できて、やっぱりいい。

そのあとすぐに、またおばさんに会って、他の柄で2枚追加して作っていただきました。
それがこの2枚。
d0255522_1504060.jpg

d0255522_1511219.jpg


紫の方がシニア(連れ合い)のお気に入りで、そのあとアメリカに出張したときに着ていったら、何人からか「Cool!」って褒められたそうな。
This is Japanese fisherman's traditioal wear for festival....とか答えたそうな。

すっかり気に入ってしまって、今年は犬にも魚河岸シャツを着せたい!ということで、またオーダーしてしまいました。

犬用の型紙がないというので、犬の服の本から近いかたちのウエアを見つけ出して、その型紙のコピーをお渡しした。
さて、どんな感じになるか今から楽しみです。

d0255522_152385.jpg

ちなみにシャツの残り生地で巾着袋も作っていただきました。
[PR]
by nyarcil | 2012-06-03 15:09 | 魚河岸シャツ Local shirts | Comments(2)