静岡生まれ東京下町育ちのミニシュナの日常と里帰り


by nyarcil
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「アメリカンネクストトップモデル17」と「ソーシャライト」


最近、FOXテレビで、「アメリカンネクストトップモデル サイクル17」を、友人のところでほぼ全回見ました。 
番組は、トップモデルを目指す15人の女の子が毎回いろいろな課題に取り組み、毎回ひとりずつ失格して、最後に残る3人のなかから優勝者が決定するオーディション番組。

d0255522_22300793.jpg
ANTM17は「オールスターズ」で、過去のサイクルで出場した女の子たちの再チャレンジ。
初めて見たANTM、最初の回を見たときの感想は「モデルめざすのに、美人が一人もいない」。 
('A`) アーララ

毎回いろいろな課題へのチャレンジと、その他に集団生活の中での女の子同士のバトルあり。
生々しい今の女の子の感情と英語がダイレクトに聞けます。

それでも最初「モデルって何競うの?」と思っていたのが、見てみると意外に奥深い。

たとえば、一見水着に見える下着を身に着けての撮影のとき、司会者タイラ(元トップモデル)のコメント:
「水着姿での撮影と下着姿の撮影では、モデルは表情を変えなければならない。水着のときは(太陽に)向かっていく感じに。下着のときは、自分の内面を見るような、内に向う感じを表情に出すことが必要」。
なるほど。

d0255522_22305156.jpg

これは(一見水着に見えるけど)下着の広告写真、という設定です。

全13回でしたが、一番面白かったのが5回目。
マイケルジャクソンへのオマージュとなる写真を撮る、という課題。

d0255522_22310646.png


どの写真も、それぞれがマイケルジャクソンを思い出させる一瞬を撮った素晴らしい出来栄え。
ファッション、メイク、照明、カメラマン、モデル、そうでなくてもアメリカ最高レベルのスタッフを使っているのが、今回に限ってはそれぞれが本気を出して、それぞれがこれ以上ない仕事をしています。

作品にかかわったスタッフの、マイケルジャクソンに対する熱い思いと心からの敬意が、写真の隅々にみてとれました。
そのせいか、この回だけは、失格者なしで終わりました。

候補者のなかに、少女っぽい雰囲気の、金髪青い目でひときわ肌の白い女の子がいました。
ちょっぴり鳥居みゆきに似た、あどけないのかダラシナイのかよくわからない「不思議ちゃん」。

d0255522_22315794.jpg
そんな女の子が、マイケルジャクソンへのオマージュでは、子供時代のマイケルを思い出させる写真を撮って、他の候補者が皆スリラーやバッドの時代のマイケルジャクソンのイメージで作っている中、異彩を放って注目されました。

d0255522_22312639.jpg
「なるほど、この手があったか!」。

最後に残った3人の中に、この女の子アリソンも残り、優勝は逃しましたが一番印象に残りました。

ANTM17を見て、他に印象に残ったことは(英語について)。

司会者タイラが番組でゲストを紹介するとき、毎回必ず使う言葉:
「ソーシャライト (Socialite)」。

最初意味がわからなくて、調べてみると:
「 上流階級や富裕層に属するエンターテインメント性に富み、チャリティー活動に携わったり、社会団体に属している人物。ただ単に有名人であるセレブリティとは違い、ソーシャライトはチャリティーや大きなイベントに参加し、社交界の花として活躍している」
φ(..)メモメモ

おそらくは、パリス・ヒルトンやジャスティン・ビーバーのおかげで、「セレブ」という言葉に「おバカっぽい」イメージが付いてしまって、そう呼ばれるのが嫌な人がいるのでしょうね。

その後、会社で英語のわかる同僚3人に「ソーシャライトって知ってる?」と聞いてみたところ、誰も知りませんでした。

やっぱり言葉って、常に新しい言葉が生まれて使い方が変わったりして、テレビ等で新しい情報をチェックしてないとダメなんだ、と実感しました。



[PR]
Commented by nekotama at 2016-11-04 08:12 x
確かに最近のモデルさんたちはいわゆる美人は少ないけれど魅力的。このように内面まで表現できるように訓練されているのですね。でもアリソンみたいなきれいな子を見ると、ほっとするところもあります。Socialite、私は知らなかった。語学の達人nyarcilさんもご存じなかったとあれば、無理もないことで、ひとつ勉強しました。
Commented by nyarcil at 2016-11-04 13:33
nekotama様
最近英語の単語を忘れていたり、これはマズイ!と英語の番組見るようにしてます。
審査員のコメントが興味深くて、英語の聞き取りにいいです。
アリソンはなよなよした「不思議ちゃん」で、他の子が「自分が絶対勝つ」とやる気マンマンな子ばかりなのに、そんな「不思議ちゃん」がなぜか勝ち進んでいくのが面白かったです。
Commented by marucox0326 at 2016-11-16 08:20
おはようございます☀

随分前にこの番組CSチャンネルで見たことあります。アメリカンアイドルとか見てましたが、外国人の方は皆グイグイいきますよねえ。その中では逆に目立ったのかなあ。
ジャクソン5の頃は可愛かったマイケル。でもアリソンが扮しているのを見ると「THE WIZ」というダイアナロスと共演した映画を思い起こさせます。
本当に言葉って生き物で、時代とともに変化していくものだと思います。
特に話し言葉は。
私など日本語すら怪しいのに
勉強熱心なnyarcilさん、尊敬しちゃいます。
Commented by nyarcil at 2016-11-16 11:07
marucox様
昔FOXの「アメリカンダンスアイドル」にはまって、特に審査員の言葉を注意深く聞いていたら、TOIECの聞き取りスコアが一時的に上がりました。(でも大した成績じゃないっすorz)  フランス人の英語ばかり聞いていたので、ネイティブ、特にアメリカ人の英語の聞き取りは苦手です。 
アリソンの写真を番組ゲストのラトーヤ・ジャクソンが見て、「ダニー・オズモンドにも似ている」と言ってました。
ダニー・オズモンド、懐かしいなぁ (=´ー`)・・・おっと、歳がわかってしまう。アワワ(´д`)
by nyarcil | 2016-11-03 23:04 | 海外の話 Intercultural | Comments(4)